レゴランド

日経平均株価のストップ安はいくらなのかが気になった話(2018/02,04 SQ)

ちょっと前の話になるが2018年2月のSQ前日(2018/02/08)の話を。

この週の日経平均は火曜日に-1000円超えの暴落があったりと波乱の展開だったが、SQ前日も荒い値動きが続き、通常は値がつかないかなり外側(OTM)のオプションにも結構値がついていた。

 2018/02/06 SQ週火曜日、日経平均-1071円でのオプションの値動き
 http://18kipper.blog.fc2.com/blog-entry-671.html

そんな中、大引け間際(15:07頃)の外側のプットオプション(2P18000など)の値段を見るとこんな感じ。
op201802081507-21880--270-put.jpg

日経平均はプラス引けというのに、この段階でもまだ活発に取引されていた。
(歩み値を見ると勢い余って2円で買いを入れてる者もいたようだが…)

そして何より、この日の日経平均引け値が21890円ということは、18000円は約-18%という水準。
(日経225銘柄全部がストップ安でもしないと届かないレベル? 昨年も似たような例があったが、それ以上)

 2017/11/09 SQ前日、日経平均先物値幅900円でのオプションの値動き
 http://18kipper.blog.fc2.com/blog-entry-665.html

オプションのルール上、今プットオプション(2P18000)を売り、翌日朝の寄り付き時点(SQ値算出)で日経平均が18000円を下回らなければ、売った代金が丸儲けとなるわけなのだが、理論上、日経平均がそこまで下がる事があるのだろうかというのが気になった。
(ちょうど売るための余力もあったので、ノーリスクで小銭稼ぎができるならと全力で売ろうと思ったのだが…)

というわけで売る前に「日経平均 ストップ安」で色々ぐぐったのだが、銘柄の入れ替えなどがあるため、現時点の日経平均株価のストップ安値幅ははっきりした情報は見つけられなかった。
(以下はその最中に出てきた、1987年のブラックマンデー、2001年米国同時多発テロの時の下落幅の情報)

■1987年のブラックマンデー時

 (出所)日経平均採用銘柄が全部ストップ安になったら?【OKWAVE】
 https://okwave.jp/qa/q57897.html

> 日経平均は 3836.48円安の前日の14.9%安となりました。
> 東証1部上場1160社のうち値がついたのは753銘柄であり、そのうちストップ安は569銘柄

■2001年米国同時多発テロ

 (出所)ライブドアショック!株大暴落 [株・株式投資] All About
 https://allabout.co.jp/gm/gc/45450/

> 日経平均株価指数は10,292.95円(01/9/11終値)から
> 9,610.10円(01/9/12終値)まで682.85円下落。下落率は6.6%
(ただ、確かこの時は現物株の値幅半分ルールが適用されていたはずなので、倍にすると-13.2%?)

同時多発テロの翌日、寄り付き前に出た話として、「日経平均株価の下値が最大で9468円(-16%)」という情報も。

 (出所)[株式情報局 09_12前場] _ 株式情報 - メルマ!
 http://melma.com/backnumber_21482_507958/

他に、SQ値の大幅下落の例としては、2008年リーマン・ショックの時がある。
(リーマン・ショックの発生日といわれるのは、2008年9月15日。その後最初のSQである、2008/10月のSQ)

 (出所)リーマンショックにおけるcisのトレード
 http://www.geocities.jp/sayyeah6954/cislehman2.html

> SQは7992.6円で前日(日経平均の)終値9157.49円から見て-1164.89円(-12.72%)
(日経先物は8190円(-1010円)でサーキットブレーカー)

ということで過去の例を見ると-18%というのは安心して売れる位置かとも思われたが、さらによく調べるとこんなルールも。

 (出所)売買最終日とSQ _ エイチ・エス証券
 http://www.hs-sec.co.jp/futures_option/sq.htm

> 寄り付くとは限りません。その場合には気配値等を用いて算出
> 「SQ値」は、日経225構成銘柄がすべて寄り付いた後に算出するため、必ずしも前場の開始直後に
> 確定するとは限らず、場合によっては後場に確定する可能性があります。
> また「日経平均株価」の値と乖離してしまうこともあります。


ということで、値幅ルールが近年何度か変わってるのを考慮すると、-18%差でも100%安心はできないというのが本音。
(しかし結局、全力とは言わないが半力くらいで売った)

売りオプションを1日持ち越すだけで丸儲けという一見簡単なお仕事(SQ前日プット売り)だが、くれぐれも自己責任で。


参考までに、つい先日の2018年4月のSQ前日(2018/04/12)はどうだったかというと、
木曜日の日経平均終値は21660円くらいだったが、大引け前後の時点で4P20125(終値から-1500円、約-7%)までは売ることができた模様。
(OTMのスクショは取り忘れたが、ATM付近の終値はこんな感じ。
 SQ値は21,938.05だったらしく、4C21875が一晩で13円→63円でSQ決済となった模様)
op201804121515-21660--10ATM.jpg

米中貿易摩擦は中国側の譲歩で一服、シリア攻撃は当初の「48時間以内攻撃」の話がなくなりこちらも一服していたとはいえ、大地震なんて可能性も0ではないと思うと、やはり売るのは不安。
(東日本大震災の当日にプット売りポジを持っていて、余震や津波、原発のニュースに怯えて慌てて買い戻したトラウマのせいかもしれないが…)

 東日本大震災・夕場の日経オプションの板(屑プット)
 http://18kipper.blog.fc2.com/blog-entry-367.html


Yahooプレミアム「読み放題プレミアム」で色々電子書籍を読み漁った話

昨年末頃からYahooプレミアムの追加サービスで「読み放題プレミアム」という電子書籍(雑誌・マンガ)の読み放題サービスが始まっている。
(Amazonプライムのkindle読み放題に対抗したものと思われる。パソコンからだとブラウザから直接見ることができ、専用ソフトのインストールなどは不要。なおWindowsXPのパソコンでも見れた)

 プレミアム会員なら雑誌やマンガが読み放題 - Yahoo!プレミアム
 https://premium.yahoo.co.jp/yomihodai/

電子書籍については過去に少々痛い目に合ってる(以下記事)ものの、無料(※)ならいいかと色々読んでみたので、その記録を覚え書き代わりにまとめてみる。
(情報は2018年2月時点のものでラインナップが変わる可能性もあるので注意。レトロゲーム、麻雀、鉄道、株(経済)好きな自分が選んだらどうなるか、の参考にでもなれば幸い。作品説明からのフリーワード検索ができるので、「麻雀」「ゲーム」「鉄道」などの単語で検索したらそれなりに探せた。あとは作者名とか)

 楽天Kobo、更新するとWindowsXP・Vistaで起動できなくなった
 http://18kipper.blog.fc2.com/blog-entry-560.html

※Yahooプレミアムはたまに「6ヶ月無料」など体験入会サービスをやっていて、現在それで会員になっているところ。

■ゲーム関連

●ぼくは任天堂信者/ピョコタン

ぼくは任天堂信者




●ピョコタンの突撃!バカレポート

ピョコタンの突撃!バカレポート



ワイドショーなどテレビ出演経験もある漫画家・ピョコタン先生の作品。
任天堂の株主総会やOBの方から聞いたエピソード、過去に任天堂本社を見学したなど任天堂関係の記事が多いが、他にも「笑っていいとも」への出演やアザラシ・タマちゃんの横で泳いだり、プレステ新型機の発売日にコスプレで並ぶなど元祖ユーチューバーっぽい行動のレポートもあり、ゲームファン以外でもわりと楽しめるかと思う。
(絵柄は完全に人を選ぶが…)

●電子妖精アバタモエクボ/こやま基夫

電子妖精アバタモエクボ 1巻



ファミ通(が「ファミコン通信」だった頃)で連載されていたゲームマンガ。
F-ZEROやドラクエ5などファミコン中期~スーファミ初期のネタが多く、当時を思い出せてよかった。
(たまにゲームネタ少なめで進行することもあるがそれはそれで)

●れとろげ/くさなぎゆうぎ, 白川嘘一郎



●PSすりーさん/IKa

P.S.すりーさん コミック 1-4巻セット (GAMESIDE BOOKS)

中古価格
¥19から
(2018/3/8 17:52時点)



レトロゲームや新旧ゲームハードをテーマにした4コママンガ。
ネタの端々や背景など隅々までゲームネタを豊富に仕込んでいて、細かい注釈・薀蓄を読みながら喜べる方ならかなり楽しめると思う。

●兄弟神技+/馬頭 ちーめい

兄弟神技+



中古ゲームチェーン「わんぱくこぞう」の広報誌で連載されていたマンガ。
昔お店に通ってたこともあり、色々懐かしかった。
(マンガ読みたさに広報誌だけ50円で買った記憶も…)

■麻雀関連

●天/福本伸行

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

天 [新装版] 全巻セット (1-13巻 全巻)/福本 伸行/竹書房
価格:10946円(税込、送料無料) (2018/3/8時点)


「アカギ」「カイジ」が有名な福本伸行先生の作品。
(「アカギ」はこの「天」のスピンオフ)
終盤のアカギの通夜編は死生観について色々考えさせられ、濃縮された内容で必見。
1巻序盤のギャグ漫画風展開との対比も見ていて面白い。
(読み放題のラインナップには福本作品として他に「カイジ」、スピンオフの「ワシズ」があるが、「アカギ」はなかったりと基準がよく分からない所がある)

●むこうぶち/天獅子悦也・安藤満

むこうぶち 高レート裏麻雀列伝(48) (近代麻雀コミックス)



近代麻雀の長期連載麻雀漫画。
(あの「アカギ」が先日終わったので、今後は「むこうぶち」が柱になるのだろうか…)
最初の頃は「亜空間」で有名な麻雀プロ・安藤満プロ(故人)が原作・牌譜を監修していただけあり、
闘牌もシナリオも今以上に読みごたえ十分。
(ギャンブルの厳しさ、負けた者の悲惨な結末など。やはり「リーチです佐野さん」は名言)

●GAMBLER!/鹿賀ミツル


マガジンで連載されていたギャンブル漫画「ギャンブルッ!」の続編。
(こちらは近代麻雀で連載だったため、種目はほぼ麻雀限定)
絵柄・ストーリーは少々人を選ぶ感じだが、ギャンブル部分の内容はわりとしっかり。

●フリー雀荘最強伝説萬/本 そういち


近代麻雀のわりと長期連載(10巻。続編が3巻あるがこちらは読み放題対象外)だった麻雀漫画。
麻雀理論や牌譜の解説が丁寧で、麻雀初心者よりは中級者向け?
(他の作品「平成ヘタ殺し」「カキヌマの時代」「赤の伝説」なんかも牌譜がしっかりしている印象)

●フリテンくん/植田まさし


読売新聞の顔「コボちゃん」の作者・植田まさし先生の4コママンガ。
成人誌での連載だったらしく、大人向けのネタ・麻雀ネタが多めなので「コボちゃん」との対比を楽しむのもまた一興。

●ショーイチ/柳 史一郎, 神田 たけ志

shoichi ショーイチ 【コミックセット】

中古価格
¥1,163から
(2018/3/8 18:09時点)




●雀鬼サマへの道/谷口 亜夢


過去に何度が著作を紹介している桜井章一氏(「雀鬼流」で有名な麻雀師・元裏プロ)をテーマにした作品。
「ショーイチ」は桜井氏が若い頃の現役時代、「雀鬼サマへの道」は引退後の雀鬼流についての解説マンガということで、
合わせて読めばより桜井氏を深く理解できる?
(デジタル的な有利不利はともかく、雀鬼流の打ち方自体は色々興味深いものがある)

 「死を恐れない生き方・執着するから怖いのだ」を読んでみた/雀鬼流と私
 http://18kipper.blog.fc2.com/blog-entry-662.html

■株(経済)関連

●青木雄二漫画短編集

青木雄二漫画短編集 完全版1 ゼニの掟編



「ナニワ金融道」で有名な作者の、執筆初期の作品などをまとめたもの(先生の解説付)。
「観念論・唯物論」「共産主義」などすぐには理解しきれないテーマも多いが、
それ抜きにしてもいったん読み出すと離れられない独特の世界観に魅力を感じる。

●どーでもいいけど/秋月りす
「OL進化論」で有名な作者が朝日新聞の経済面で長期連載していた4コママンガ。
当時の子供のためうろ覚えだった記憶を思い出したくなることが多いせいか、
こういう時事ネタの多い作品ってついつい読み込んでしまう。

●黄金の道/すがやみつる

黄金の道―学園マネー・ウォーズ (ノン・コミック)

中古価格
¥700から
(2018/3/8 18:03時点)



高校生が株をやるという元祖「MIQ」「インベスターZ」のような作品。
ケンカシーンから始まる株マンガというのもなんともユニーク。
仕手情報をパソコン通信のハッキングで入手して儲けたりと、昭和テイストな内容が多いのも特徴。
(すがや先生といえば「ゲームセンターあらし」が有名だが、2000年代になってから「デイトレーダーあらし」という作品を書いていた模様)
(「勝利!そしてアメリカへ!」など、ネタバレ100%なタイトルも時代を感じる)

 マンガ「MIQ」の衝撃
 http://18kipper.blog.fc2.com/blog-entry-148.html

■鉄道関連

●鉄のほそ道/はしもとみつお

[まとめ買い] 鉄のほそ道

新品価格
¥864から
(2018/3/8 18:03時点)



「鉄子の旅」と同じ鉄道旅行レポートのマンガ。あちらより旅行要素、創作ドラマ要素がやや多め。
銚子電鉄、大井川鉄道など同じスポットも出ていて、向こうとの紹介され方を比較するのもまた一興。

■その他

●ぼのぼの/いがらしみきお

ぼのぼの(1) (バンブーコミックス 4コマセレクション)



和風「ピーナッツ(スヌーピーが出てくる哲学的なマンガ)」という側面を感じる作品。
なぜか学生の頃にはまって読んでた記憶を思い出す。
(読んでると不思議と落ち着く)

●ダンドリくん/泉昌之

ダンドリくん 無料お試し読み版



「孤独のグルメ」の久住昌之氏が原作、泉晴紀氏が作画のコンビのマンガ作品。
おかずの順序、新幹線でのビール・駅弁などの食べ方の配分など「孤独のグルメ」に通じる内容もあり、そっちを知ってるとより楽しめそう。
(「これはあり、大あり、大アリクイ」などの言い回し、「食の軍師」に出てたトレンチコート男のモデル?らしきキャラもいたり)
他に、過去のエッセイ集(以下記事)に出ていた身内の発明品の話なども(3巻)。

 「工夫癖」を読んでみた
 http://18kipper.blog.fc2.com/blog-entry-339.html

●たわけMONO/ほりのぶゆき

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】本 たわけMONO ほりのぶゆき
価格:108円(税込、送料別) (2018/3/8時点)


「江戸むらさき特急」などでおなじみの作者の、電話、ビデオデッキ、イスなど家電や家具をテーマにした不条理ギャグ。
(10年くらい前に読んだことがあり久しく忘れていたが、最近某ゲーム配信者がやっていた「悪代官」というゲーム内のイラストをほりのぶゆき先生が手がけていたのを見て思い出した)


Amazonプライムのkindle読み放題に比べるとラインナップ的に若干見劣りするところがあるかもだが意外な掘り出し物もあるので、ヤフオク利用などで既にプレミアムに入ってる方なら、一度見てみるのも面白いかと思う。

2018/02/13 日経平均高値から-400円でのオプションの値動き

波乱のSQは終わったもののまだ再波乱の予兆のような雰囲気が続いてるので、覚え書き代わりに(屑)オプションの値動き(終値)を。

 (関連記事)2018/02/06 日経平均-1071円でのオプションの値動き
 http://18kipper.blog.fc2.com/blog-entry-671.html

 2017/11/09 SQ前日、値幅900円でのオプションの値動き
 http://18kipper.blog.fc2.com/blog-entry-665.html

本日(2018/02/13)の日経平均先物(3月限)の値動きは以下。
nikkei225f-20180213-21170-190.jpg

21650付近で始まり、前場開始の9時前後に21690付近の高値をつけるも、そこが頂点でまもなく21500台まで下落。
前場は一進一退しながらもじわりと上げて21650付近で昼休みに入るが、その後また失速して後場開始まもなく21600を割り込む。
あとはほぼ一本調子(節目の21500、前日比+-0の21400付近で粘るも)で下落を続け、終値は21170円(-190円)。

日経の動きだけ見てるとせいぜい値幅2%で大したことないと思っていたのだが、オプションの動きも見ると屑プットは意外と動きが大きかった。

3月限プットオプション(OTM)の終値がこちら(右側がプット)。
1円→8円(3P12500)、2円→12円(3P13000)など大きく値上がりした銘柄が多い。

●2018/02/13 3月限オプション OTMプット
op201802131515-21170-190-put.jpg

日中の値動きについてだが、売買自体が全般的に少なめだった。
チャートが比較的しっかりしてた3P14500の5分足チャートがこちら。

始値8円(先週末ザラ場の終値は22円。なお、夕場は休場)。
そこから一時3円まで落ちて前場は小康状態を保つも、後場開始時あたりから徐々に上昇を開始し、13:30頃(前日比マイ転したあたり)にそこまでの高値21円、最後は23円で引けていた。
op201802131515-21170-190-P14500.jpg

マイ転した後も日経平均の下げは続いていたが、プットオプション上昇へのインパクトは前日比マイ転のタイミングが最大だった模様。
(この辺の先物・オプションの値動きの差もうまく見極めないといけないのが難しい)

なお、コールオプション(OTM)、ATM付近は目だった動きはないように見え、プットだけこれだけ反応してるのを見ると、再暴落の恐怖感の方が上げ相場への期待感より大きいのかなという印象。
(ダウが2連騰で下落終了とも思われたが、市場の判断はそうではない模様)

●2018/02/13 3月限オプション ATM
op201802131515-21170-190-atm.jpg

●2018/02/13 3月限オプション OTMコール
op201802131515-21170-190-call.jpg

現状、夕場の日経平均先物は節目の21000円を一時割り込んだりしているが、数日はまたチャンスがないか引き続き見守りたい。
(参加料にと3P8000、3P9000を1円で少し買った。現値からあまりに離れてるのであまり期待はしてないが、万が一が起これば…というところ)

※冬季五輪の時期だが相場の一大事で羽生選手を見てる場合じゃない?(とってつけたようなコメント)

2018/02/06 SQ週火曜日、日経平均-1071円でのオプションの値動き

また株価が大きく動いたので、覚え書き代わりに(屑)オプションの値動き(終値)を。

 (関連記事)2014/10/31 日経+755円でのコールの値動き
 http://18kipper.blog.fc2.com/blog-entry-532.html
 11/6 SQ週水曜日、場中250円の動きでコールオプション5倍
 http://18kipper.blog.fc2.com/blog-entry-309.html

本日(2018/02/06)の日経平均先物(12月限)の値動きは以下。
(左半分は前日夕場からの値動きで、右半分が本日のザラ場)

始値21700から寄り付き間もない時期に高値21830をつけるも、その後は下落基調。
後場に入って一段安となり、14時前に安値21050をつけ、その後反転して大引け時点では21600円まで回復。
(15:15の終値は21510円(-1140円))
nikkei225f-20180206.jpg

さて、まずは2月限プットオプション(OTM)の終値(右側がプット)。
始値1円から数十倍に急上昇した銘柄が多かったが、特に前場、日経が高値をつけた後に反落した時間帯(9:30頃)に上昇した銘柄が多かった。
op201802061515-21510-1140-put2.jpg

上昇率が大きかった2P17750の日中足がこちら。
最初の5分足で7円まで上昇、しばらくもみ合った後に35円まで急上昇と、板を見ていたが注文が間に合わないほどの激しい値動きだった。(※)
(日経平均の下落は後場の方が大きかったが、前場に寄り底の期待が裏切られたインパクトの方が大きかった模様)
op20180206-2P17750.jpg

ちなみに9:05時点での板がこちら。
2円~14円にきれいに並んだ36枚の板はアルゴ売買と思われるが、ここまで整然だとなんか不気味。
(こんな銘柄を売買する物好きの個人は自分くらいということか。9円、45円にいるのが自分の売り板で、その後修正した)
17750-0905.jpg

一方、2月限コールオプション(OTM)の終値(左側がコール)。
前場、-1000円超えの状況でもOTMのコール(2C24000前後)は意外と1-2円で値を保っていて、後場の反転に乗じてじわじわと値を戻して前日比プラスで終わる銘柄が多かった。
(大外では2C26500~27500あたりでも数百枚の約定があった。現在値から+5000~6000円とSQ決済の難しい場所ではあるが、OTMのプットが賑わうのと同じ理由だろうか)
op201802061515-21510-1140-call2.jpg

なお、ATM付近はこんな感じの終値。
(数日前にいくらだったかというのは考えたくもない…)
op201802061515-21510-1140-atm2.jpg

寄付きから-1000円も動く状況だったが、その後の-900~-1000円の位置でのもみ合いだけでも不安感が増せばオプションの急上昇が起こりうるようなので、今後の参考にしたい所。

※自分はこの日、寄り付き前の板を見て、ほぼ1円で買えそうだった2P17750を寄りで1円で2枚買い、1枚は6円で早売り(前回が1→3円で売り(以下記事)だったので少しは我慢ができた?)だったが、もう1枚を9:30前後の上昇で20円で手仕舞いしようと思ったら注文にもたついてる間に値が動き、25円で約定していた。
 (宝くじのようなOP買いは過去に何度も失敗していたので、今回ようやく報われた感じ。次はもう少し落ち着いて勝負に出たい)

 2017/11/09 SQ前日、日経平均先物値幅900円でのオプションの値動き
 http://18kipper.blog.fc2.com/blog-entry-665.html


孤独のランチブログ・JR総武線・船橋駅「花生食堂」

今回は「孤独のグルメ」の真似事で、外出先で下調べなしのお店に飛び込んで外食した時の話を。

行ったお店は、JR総武線・船橋駅近くの「花生食堂」。

 花生食堂 (はなしょうしょくどう) - 京成船橋 [食べログ]
 https://tabelog.com/chiba/A1202/A120201/12015890/

JR船橋駅南口から南東へ歩いて5分ほど、ガード下付近の飲み屋から少し離れた路地裏にある。
(行ったのは2017年2月の平日)
xP2260083.jpg


トタンの壁に年季の入った軒先の屋根と暖簾、太字で「花生食堂」と書かれたシンプルな看板と昔ながらのたたずまいが入る前から不思議な魅力を感じさせる。

この日は平日の11時半頃に行ったのだが、先客は1人だけ。
静寂の中、初老の男性がカウンター席で酒を飲んでいた。
(帰り際に女将さんに少し話しかけていたくらいで、1人静かに酒を味わっていた)
IMG_hana.jpg

店内はカウンター5,6席に4人がけテーブルが1つだけ。
切り盛りしているのは年配の女将さん1人だけで、女将の目が届く範囲の広さだけ、という感じ。
(テーブル横の昔ながらの石油ストーブ、その上に2つも置かれたヤカンもいい感じで、昭和の頃の雪国辺りの食堂を思わせる)

メニューはこんな感じで、料理名と値段だけ。
(店内にも同じように札が掛かってるだけで、写真付メニューやサンプルなどはなしという硬派な感じ。これで料理が美味ければ言う事なし、なのだが…)
xP2260081.jpg

目をつけていたのは「御定食 400円」だったが、念のため「御定食ってどんな感じで…?」と聞くと、

「ごはんと味噌汁、ほうれん草のおひたし(と漬物?)です」

と衝撃の事実が判明。

さすがに昼食でそれだけでは腹が持たないので、近くにあった「野菜定食 600円」に変更。
(「近頃不安定だし…」と五郎さんのような心境で決めてみた)

注文を伝えると、女将さんが厨房の奥を向いて調理開始。
包丁の音や炒める音が聞こえてきて、文字通りの作りたてが出てくるのだと思うとなかなか感慨深い。

数分待って、出てきたのがこちら。
IMG_yasai.jpg


説明の通り、基本となる「御定食(ごはん・味噌汁・おひたし・漬物)」に野菜炒めが加わった物。
(漬物はお通しで出るのと共通?)

野菜炒めは文字通り野菜(キャベツ・モヤシ・タマネギ・ニンジンなど)だけで肉はなし。
その他についても見た目通り、家庭的な感じの味わい。

というわけで第一印象は「え…病院食?」といった感じだった。
(「孤独のグルメ」で五郎さんが入院し、その時出た質素な食事の話があるが…)

それでも手作りの良さ(女将の腕?)なのか、野菜炒めは油少なめで味はあっさり目、素材の味を生かしていて(これフォロー)、よく噛むとそれなりにおかずになる感じだった。

とはいえ、想定よりちょっと量が少なめ(中華店の野菜炒めのように、肉も入って量が多め、というのを予想していたが裏切られた格好)のため、最後はご飯が余ってしまった。
(結局、味噌汁と一緒にご飯を口に含んで食べきった)

なお、食べてる最中に2人ほど客が入ってきて、1人は酒、1人は定食を注文していた。
(いずれも年配の方で、昼から飲めるなじみの店という感じになっている模様。雰囲気だけなら「孤独のグルメ」でもよく出てくる感じの店となるだろうか)


といったところで以上。

「食堂」と銘打ってはいるが作る手間・値段は飲み屋基準のようで、コスパは気にせず、お店の歴史あるたたずまいなど雰囲気を併せて楽しめる方以外にはオススメするのは難しい感じだと思われる。
(「親子丼 500円」「ブツ定食 650円」の方がよかったかも)

※なお、「孤独のグルメ」の真似事で外食した時の話をまとめたブログ(放置状態)もあるので、興味があればこちらも。

 孤独のランチブログ・西日暮里駅「喫茶店 フィレンツェ」
 http://tokyo-burari.blog.jp/archives/9136181.html

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

孤独のグルメ 新装版 [ 久住昌之 ]
価格:1234円(税込、送料無料) (2018/1/15時点)



スマホでネットショップやるなら「カラーミーショップ」
エフェクソールXR
フリーエリア


独自SSL 詳細はこちら
にほんブログ村 株ブログ 株 オプション取引へ
にほんブログ村
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ

等身大フィギュア
月別アーカイブ
株価チャート(簡易版)※ダウETF週足
by 株価チャート「ストチャ」
株価ボード(β)
フリーエリア

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア