FC2ブログ
急げ!新ドメインは早いもの勝ち!

Yahoo知恵袋にみるリロバケーションの評価、料金/芦ノ湖のエヴァ自販機

リロバケーションでおなじみ箱根。
箱根といえばエヴァの舞台。
というわけで、箱根の名所を歩くと、この自販機のようにあちこちで「EVA押し」を見ることができる。
(これは芦ノ湖で撮影したぷちエヴァのアスカと初号機)

==========================
夏が終わってもあちこちで広告を見かけるリロバケーション。
そのYahoo知恵袋での評判を確認してみた。
検索やタグで探したところQ&A件数は6件位と、ニュース(以下URL)になった割りに少なかった。

 「1泊2食500円」の宿でリゾート会員権購入を迫る!?...
 http://news.nicovideo.jp/watch/nw447563

 ※なお、いずれのQ&Aも回答は1,2件程度と少なく、数年前の内容もあり、その信憑性は「?」なものということをお断りしておく。

・一番古い記事は2007年10月。
 申し込み後、「現地で『数時間』、説明を聞いていただきます」との確認電話があったとのこと。
 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1013181920

・ニュースになった「長時間勧誘」っぽい内容のQ&Aが2010年1月時点であった。
 ネットでの説明では内容は「『90分』の説明」。
 ところが、2007年頃にスーパーのテナントで、対面で宿泊体験を勧誘していた内容では「90分より長い時間」だったという。
 (上のQ&Aの「数時間の説明」と一致するのは偶然だろうか)
 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1334636903

 また、その回答の最後の「リクルートの旅行雑誌でも紹介されていたので、変な会社ではなかったんだなと納得しました」には苦笑いするほかない。
 (前回の記事のCM内の「東証一部上場だし、大丈夫」と似たようなものか)

  リロバケーションズの動画CMについて
  http://18kipper.blog.fc2.com/blog-entry-248.html

・その1年後、2011年1月のQ&A。
 この頃は「体験宿泊2980円」だった模様。
 また、利用価格(ポイントを購入して、そのポイントを使って別荘を利用するというポイント制)の例も出ていて
 「50ポイントで110万円」(2008年の例)とか、「翌年度からは年会費を73000円」といった話が出ていて、
 これは確かに、年収500万はないと利用するのは無理だと思った。
 (今はデフレに合わせて、少しは安くなっているかもしれないが、詳細は不明)
 ちなみに平日より土日・連休の方が多くのポイントが必要だったり、予約は先着順で希望日に泊まれるとは限らないなど、使うのも楽ではない模様。
 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1353722188

 こういうポイント制って、某英会話教室を思い出す。(N●VAとか)

・ニュースになる1年半前のQ&A。(2011年7月)
 「勧誘はしつこくなかった」という回答だが、実際の勧誘時間が書かれてないのは気になるところ。
 「会員の紹介だと食事つきのプランもあり」というのは、最近広告しているのとシステムが違っていたのだろうか。
 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1367429058

・ニュースになる少し前(2012年9月)のQ&A。
 上と同様、「執拗な勧誘はありませんでした」という回答だけで、やはり時間が書かれてないのは気になる。
 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1493053454

・一番新しいQ&Aはこちらの模様(2013年4月)。
 「説明が約30分くらい」となっているが、以前の記事(以下)に書いた通り、公式サイトの説明では「現地で行われる90分程度のご説明会」と言っているので、この回答は微妙なところ。
 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14105494229

  反響続く?リロバケーション
  http://18kipper.blog.fc2.com/blog-entry-203.html

この一連の流れを見ると、最初は「宿泊体験に誰でもいいからたくさん集め、長時間勧誘で契約」という「質より量」の営業だったが、長時間勧誘がニュースになったので、方針転換して「年収要件などで体験に呼ぶ人(見込みありそうな人)を絞り込み」と「量より質」に方針を変えたように見えなくもない。
(だからと言って、参加できない私が「だから安心」とか、評価を下すことはできないので、あくまで参加は自己責任で)

 ※以前の記事にも書いたが、長時間の勧誘で旅行の雰囲気が悪くなるのは不安という方は、2泊以上の旅行プランにしておいて、最初の1泊だけリロバケーションのホテル、その次の日はお口直しに普通のホテルを使えば、少しは気楽に試せるのではないだろうか。

軽井沢駅前/株で損した人を逆撫で? リロバケーションズの動画CM



ポイントバケーションリロでも泊まれる軽井沢の駅前。
遠くに涼しげな高原を望む中、小洒落たショッピングモールが広がる。


ただ、涼しさを求めてか観光客も多いので、涼みたい方は駅から離れた自然の多いエリアへ。

====================
ポイントサイトのリンクからリロバケーションズの動画CMが見られる。
http://pmall.gpoint.co.jp/event/relo/

孫のいる50~60代位の夫婦が出てきて宿泊体験するという流れで、以下のようなありがちな台詞回しが続く。

 「テレビでも紹介されてるみたい」
 「1泊2食3000円から体験宿泊だって」
 「しつこい営業電話が来るんじゃないか?」
 「東証一部の子会社だし大丈夫でしょ」
 (↑ それでも例のニュース記事になるほどの騒ぎになったのだが…)

しかし何といっても違和感を感じたのは、話の出だしで
「株で儲けるのは難しいな。儲けて、孫を旅行に連れて行こうと思ってたのに…」
と言っていること。
(5/23以降の下げ相場でリロバケーションズの株も一時値下がりしているが、ここの株で損した人が聞いたらどう思うだろうかと…)

 リロ ホールディング 8876 の株価
 http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=8876.T&d=1y

話の流れから推察して、会社としては、株で小遣いを稼ぐ位は余裕のある家庭がターゲットなんだろうと思われる。
(以前の記事で、申し込み画面では年収500万が最低ラインということを書いたが、その先の選考では年収基準がさらに厳しめになっているのかもしれない)

…というか、最初から株やる資金で旅行くらい連れてってやれよと。

CMの中で「(儲けがないなら)そんなことより、私たちだけでの旅行プラン考えましょうよ」と話が続くが、儲けられないから(あるいは損したから)、娯楽のお金を節約してしのぐというのは悲しすぎると思うが、いかがなものか。

あるいは、それ位のやりくりをしないといけない、ちょっとでも得をしたいという中流層じゃないと、逆に契約してくれないと踏んでいるのかも。
(本格的な金持ちなら普通に別荘を買うし、「今だけお得!」という誘いを逃しても惜しいと思わず、軽く流すだろうから、そんなプランには乗らないとか)

まっぷる軽井沢'14 (マップルマガジン)

新品価格
¥840から
(2013/7/18 11:50時点)


リロバケーションズ風に箱根1泊2日旅行の安いプランを考えてみる

最近相変わらずリロバケーションズ関係の記事のアクセスが多い。
夏のボーナスの後で、プチ贅沢に旅行でもと思う人が多いのかもしれない。
(ただ、奮発してもこういう安い宿泊体験にしか手が届かないとすればなんとも悲劇的。
 給料上がっても税金も上がれば使える金は減るという現実。
 最近まで働いていた自分も常々感じていたことだが、リーマンの辛さか)

だが、リロバケーションズは「年収500万の夫婦」しか参加できない縛りがある模様なので、自分には参加レポートは無理。
ということで、リロバケーションズのように安く箱根旅行をしたらどうなるかをシミュレートしてみた。
(とりあえず1日目の途中まで記事にしてみる)

■1日目

07:00 小田急線新宿駅
 2日間使う切符「箱根フリーパス(5000円)」を券売機で購入。
 http://www.odakyu.jp/train/couponpass/hakone/


07:20 急行・小田原行きに乗車。
 (ラッシュ時間で通学客がいるためか、平日の下り方向でも着席率100%。並んでなんとか座りたい)
 小田原駅が近づくと富士山がチラッと見える。
P1750006.jpg

09:00 小田原着。箱根湯本行きの電車に乗り換え
 (ロマンスカーなら直通だが、いたしかたなし)。
P1750010.jpg

09:20 箱根湯本着。箱根登山鉄道・強羅行きに乗り換え。
 (平日の乗車率は70%くらい。
  景色はいいが、ロングシートなので席を立たないと写真撮影は難しいかもしれない)
P1750016.jpg P1750044.jpg

10:20 強羅着。早雲山行きケーブルカーに乗り換え。
 (ケーブルカーの改札で行列ができるので、スムーズに乗り換えできるようトイレは早めに済ませておきたいところ。乗車率100%)
 最前列に座れば、存分に箱根の紅葉を見ながらの山登りを楽しめる。
P1750050.jpg P1750053.jpg

とりあえずここまで。
箱根フリーパスを使うと、この先の早雲山・芦ノ湖方面へのロープウェイや元箱根へ向かう海賊船、周辺へ行く路線バスもほぼ乗り放題なので、交通費の心配なく存分に箱根を楽しめると思う。

※関連記事(芦ノ湖近くの展望台やそこまでのロープウェイや海賊船の混みよう)
 http://18kipper.blog.fc2.com/blog-entry-80.html

なお、箱根のホテルは結構ピンキリで、シングル1人3000円前後から泊まれる宿もある。
うまくやりくりすれば、1泊2日旅行でも1万ちょいで行けるのではないか。

反響続く?リロバケーション/箱根ロープウェイからの紅葉

P1750110.jpg
(早雲山から桃源台・芦ノ湖への箱根ロープウェイから見た紅葉)

以前書いた「リロバケーション」についての記事が、相変わらずアクセス数が多い模様。
(連休前後の時期で、使おうと思っている方が情報を探していたからかもしれない)
http://18kipper.blog.fc2.com/blog-entry-105.html



その後どうなったか、一度続報記事(以下)を書いたが、再度まとめてみる。
http://18kipper.blog.fc2.com/blog-entry-153.html

宿泊体験の申し込み画面で「世帯報酬」を入力する欄が出ていて、さらに「当選の場合は1週間以内に電話にてご連絡」とあることから、体験客の絞込みをするようになった模様。
https://www.pvr.jp/relo_pt/taiken_form.php
(上記リンクにある参加条件に「代表者(世帯主)の年収が500万円以上」とあった)

上記ページのリンク先にはホテルの場所やアクセス方法も詳しく情報が出ているので、プランが立てやすくなっている。
箱根近辺のホテルは小田急と箱根登山バスで行けるようで、「箱根フリーパス」を使うと安く行けそう。
http://www.odakyu.jp/train/couponpass/hakone/

※「箱根フリーパス」は、都内からの小田急での箱根までの往復と、箱根の各種交通機関(箱根登山バスはじめ、ロープウェイや海賊船等にも乗れる)に乗り放題で5000円(新宿発で2日間有効切符の場合)。
 2日間もしくは3日間有効なので、宿泊旅行にも使える。
(リロバケーションのプランと組み合わせれば、みやげ代や他の食事代など含めても1人当たり1万円を切る価格で1泊2日の箱根旅行が可能に?)

以前の記事で「せっかくはるばる箱根に来て、長時間の勧誘で雰囲気が悪くなるのは不安…」ということを書いたが、例えば2泊以上のプランにしておいて、最初の1泊だけリロバケーションのホテルを使い、その後はお口直しに普通のホテル、という感じなら不安も少ない気がする。
(参加条件に「現地で行われる90分程度のご説明会へ既婚者の方は必ずご夫婦でご参加頂ける方」と時間も明記されているので、これ以上は勧誘されない…はず?)
https://www.pvr.jp/relo_pt/taiken_form.php

箱根に行くなら新緑の時期もいいが、紅葉の時期もいいと思う。
(以前の記事に書いたが、人手も恐ろしいほどになるので注意。その点では連休が終わった今の時期は比較的観光客も少なくて狙い目?)
http://18kipper.blog.fc2.com/blog-entry-103.html

 関連記事:リロバケーションズのCM動画ができたようです。
 http://18kipper.blog.fc2.com/blog-entry-248.html



芦ノ湖の海賊船と湖沿いの紅葉。
P1750125.jpg

新世紀エヴァンゲリヲン 綾波レイ ? 箱根浴衣ver. 1/8スケール塗装済完成品

新品価格
¥19,800から
(2013/5/18 13:01時点)


活況?リロバケーション/南伊豆フリー乗車券

以前書いた「リロバケーションの怖さ」の記事が、月日がたつのに結構アクセス数が多い模様。
(あれは問題を知ったニュース記事が「Tポイントの広告で…」といかにもTポイントが悪いように書かれていたので、そうじゃなくて、楽天とか他のサイトでも広告が出てるし、運営会社(株式会社リロバケーションズ)の問題ってことを言いたかっただけなんだけど)

最近は実体験レポート記事をまとめたサイトが増えてきて、これで企画終了かと思いきや、楽天トラベルにはトップページに広告バナーが出ていた。

「1泊2食付500円~ さらに全員に1000ポイント」とあり、ポイントを円換算すればマイナス価格に(!)。
こういう大盤振る舞い企画で、ポイントの欲しい人が宿泊体験に興味を持って、それでネットで情報を調べているのかもしれない。
確かに安いけど、旅行には宿泊費の他、時間と交通費も別途かかることを忘れないようにしたい。
(ブログや話のネタが欲しい人にはもってこいなんだろうけど)

ちなみに、伊豆まで安く行くならJRの切符「南伊豆フリー乗車券」を使えば、伊豆急行を使って往復6000円(東京都区内から)で行ける。
(2日間有効なので1泊2日旅行も可能。また、一部の路線バスも乗り放題)

伊豆急といえばパノラマ展望車両リゾート21。海の間近を走る迫力の景色を高い座席から味わえる。
(普通切符で乗れるので、「南伊豆フリー乗車券」でもOK)



ダニ・ハウスダストにお悩みなら
フリーエリア



にほんブログ村 株ブログ 株 オプション取引へ
にほんブログ村
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ

wpXクラウド
株価チャート(簡易版)※ダウETF週足
by 株価チャート「ストチャ」
株価ボード(β)
フリーエリア

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
フリーエリア