FC2ブログ
急げ!新ドメインは早いもの勝ち!

もう行くことのなさそうな田舎の秘境駅の思い出

やる気(減退)、交通状況(廃線、大雨被害で見合わせ)、コロナ(首都圏からの旅行自体当面無理?)などの諸事情で、もう田舎の秘境駅巡りなんてことは自分はやらないと思う。
だが、いざそうなると(もう二度と行けない場所だと思うと)、どうでもいいようなその時の風景写真さえもいとおしくなる不思議。
(そしてネットの片隅に痕跡を残したくなる不思議)
(天竜峡駅。詳細は以下リンクから)

xP2000038.jpg


tita041

ホーム上になぜか青い目の船頭さんがいる駅。夜は怖そう 人生格安旅行日記 : 18きっぷ途中下車旅行記(9)・JR飯田線・天竜峡駅(10分・2013/03)https://t.co/aiG7GXzFEb
07-18 10:23



青春18きっぷで駅員のミスで改札印を誤って押され、金券ショップに売るのに苦労した話

もうじき冬の18きっぷシーズン。
(利用期間は2018/12/10~2019/01/10日)

 青春18きっぷ|お得なきっぷ詳細情報|JR東海
 http://railway.jr-central.co.jp/tickets/youth18-ticket/

さて、18きっぷは使う度に駅員に改札印を押してもらうのがルールだが、
先日使ったときにハンコを誤って押されてしまったことがあった。

その切符がこちら。
P1830001-2.jpg

5回中4回使った切符なのだが、4回目のハンコを駅員に押してもらう時、誤って5回目の欄に押されてしまった。
(どうも1回目のハンコ(右下)が4回目の欄にはみ出していたため、勘違いしてしまった模様)

さすがにハンコの押し方が雑だろうと思い、「すみません、これ4回目なんですが…ちゃんと使えます?」と駅員に指摘した所、

「規則上問題ありません。残り1回分もちゃんと使えます」

と言われたが釈然とせず。

電車の時間が迫っていたため仕方なく引き下がってホームへ向かうと、駅員が後から追って来て、

「一応一筆書いておきましたので、こちらを見せてください」

ということでもらったメモがこちら。
(JRらしくSuicaのペンギンデザインのメモ帳。折った部分に駅員名のサインとハンコ入り)
P2450014.jpg

「5回目は4回目正当」とあるが、
「5回目の欄にハンコがあるがこれは4回目の使用に当たる」という意味だろうか。
(鉄道用語的な意味合いなのかもしれない)


これで駅で使用する分には一応問題ないと思いきや、さらに問題が。

というのも自分は金券ショップに18きっぷを売ろうと思ったので、金券ショップの店員がこのことを理解してくれるかどうかが不安だった。

そんな不安を抱えながら都内某所の金券ショップに行って18きっぷを売ろうとしたところ、やはりというか切符をじっと見て怪しむ店員。
10秒くらい沈黙が続いてハラハラしたところで、

「これはハンコが誤って押されたもので、あと1回使えるということですね?」

と確認されてハイと答えると、なんとか買い取ってもらえた。
(残り2週間くらいの利用期間で、2000円くらい。もっと高い店もありそうだが、そこまで行く交通費との兼ね合いとなる)


というわけで今回は無事に済んだが、もしハンコのせいで売れなかったとか不利益があれば駅名を晒そうかとも思っていた。
(ミスった駅員にハンコ押しの日勤教育を要求したいところ。ネットで見た話では「日付が間違って押されていて昨日の日付の印だったため、今日切符を使えなくなってしまった」というのもあり、押してもらったらすぐその場で確認しないと意外と危ないかもしれない)

金券ショップでなくても個人間で売買する時とかでも「ちゃんと使えるの?」っていらぬ確認が必要になるだろうし、確実なマイナス面ということに変わりはないわけで…と過剰な文句や不満をぶちまけるのはこれくらいにして。


そもそも、1回目に押したハンコが上にずれていたのが大元の原因ということもでき、その時点で抗議して18切符を再発行してもらった方が良かったのかなとも後悔している。
(年月日の欄に合わせてハンコを押すべきだろうと。1回目と2,3回目のハンコ位置を比較すればズレは明白)
P1830001-2.jpg

とはいえ現状ハンコは駅員に押してもらうしかない(自動ハンコ押し改札機のようなものはないから)ので、こういうミスを防ぐために

・切符を渡す時に「●回目です」とハッキリ言う
・改札印がずれてたらすぐに指摘して一筆書いてもらう

くらいしか対策はないのかなと思う。
(でもミスされた時も駅員には「4回目です(ちゃんと4回目の欄にハンコ押してよ)」と言ったのだけど…)

通算で20枚くらい18きっぷを使ってるが、ハンコを誤って押されたのは初めて、というくらいのレアな経験だった。


ということで以上。

たまにはブログタイトル通り旅人らしい話をしてみた。
(いまは旅の話はほとんど別ブログ(以下)に移行してしまったが…)

 人生格安旅行日記
 http://yasuitabi.blog.jp/


北海道&東日本パスで北越急行へ/地下シェルターのような美佐島駅

最近テレビで秘境駅とか珍しい駅が静かなブームらしいが、半年ほど前に地下シェルターのような形で有名な駅・北越急行の美佐島駅に行ってきたので、その時の写真を。
(昨日から発売中の「北海道&東日本パス」は切符の名前通り、北海道や東北に目が行きがちだが、同じくJR東日本エリアの新潟・長野周辺、また、北越急行線及び富士急行線にも乗れる)

 JR東日本 北海道&東日本パス
 http://www.jreast.co.jp/tickets/info.aspx?GoodsCd=2124

●六日町駅
P1240051.jpg
北越急行へはJR六日町駅もしくは直江津駅で乗り換える。
(この時は高崎→水上と北上した後に六日町駅で乗り換えた)

この時は日曜日の昼過ぎだったが、六日町駅を出る時点での着席率は3割程度で、余裕で単独のボックス席を確保。
(十日町や直江津付近でも着席率は7割位で、最悪相席でも座ることはできる)

●美佐島駅
P1240092.jpg
地下シェルターのような駅ということで有名な美佐島駅。
分厚いドアでホームと駅構内が隔離されているのが物々しい。
(経年劣化した感じに汚れた銀色の自動ドアは、打ち捨てられた宇宙基地にも見える)

 ※行ったのは日曜日だったが、降りたのは自分だけで、他に人はいなかった。

なお、話題の「列車通過時の爆音」は、耳を塞ぐほどの音ではないが、確かに普通の列車が来るのとは違う独特な超音波のような音を聞くことができた。
(列車の通過後、かなり長い間残響音が残っているのが特徴的)

さて、地下から長い階段を登って地上に出ると、地元の集会所のようなこじんまりとした駅出口がある。
P1240073.jpg

周辺は自然の真っ只中という感じで、そばを流れる川の音と鳥の鳴き声が僅かに聞こえるほどの静けさ。
駅から見える最寄の人家は1軒だけで、車道を通る車もまばらで、地下とのギャップが楽しい。

駅の中の地下へ向かう階段の横には畳敷きの待合室がある。
(いよいよ地区の集会所(台風の時など避難所に使われるような)という雰囲気)
P1240086.jpg

部屋の端の茶箪笥の上に駅ノートが置かれていて、その中に松山せいじ先生の「鉄娘な3姉妹」イラストがあった。
P1240090.jpg

日付が2009年とあり、連載当時の物ということが分かる。
(この時点で2度目のご来訪というのもさすがという感じ)

美佐島駅の話は「鉄娘な3姉妹」2巻に収録。
他に同じく地下駅である土合駅、筒石駅も取り上げている。

この時は、美佐島駅以降は直江津駅まで普通に乗り通しただけで終了だったため、写真はここまで。

ほくほく線は路線の半分位がトンネル内で、地下鉄に乗ってる錯覚すら感じた。
(地下を走る暗い時間を利用した車内プラネタリウム「ゆめぞら」というのもあるらしい。運転日と時刻に注意)

 北越急行 ゆめぞら
 http://www.hokuhoku.co.jp/5yumezora/top.html

なお、北陸新幹線開業により、北越急行を通る「特急はくたか」が廃止になるなどのニュースが出ているが、地元の足として、そして鉄道旅行時の在来線ショートカットルートとして、なんとか頑張ってほしいものである。

 北越急行、在来線特急「はくたか」廃止を発表
 http://news.mynavi.jp/news/2014/08/27/497/

北陸新幹線、開業は来年3/14/建設中の新幹線飯山駅・上越妙高駅の風景

JRが北陸新幹線(長野経由)の長野―金沢間の開業日を来年3月14日に正式決定したとのこと。

 北陸新幹線長野・金沢間の開業、2015年3月14日に決定
 http://news.mynavi.jp/news/2014/08/27/234/

先月、長野や新潟周辺を鉄道旅行した時に完成間近の駅舎がいくつか見ることができたので、今回はその時の写真を。

●飯山駅(飯山線)
P1250047.jpg
長野駅の次の新幹線の駅にあたる。
飯山線で豊野から越後川口方面へ向かうと、新幹線の鉄橋をくぐったところに飯山駅があり、長野方面に振り返るとホームのだいぶ先に北陸新幹線の駅舎が見える。
(直線・直角で形作られたいかにもという感じの新幹線駅。ホームに立つ鐘楼との対比が面白い)

一方、既存の飯山線の方の飯山駅はこんな感じ。
(このちょっと古めかしい民家のような外観もなかなかで、新幹線の駅と比べると味がある)
P1250048.jpg

その後、北飯山駅で途中下車して近くの静かな街道沿いを歩くと、「飯山駅開業」と新幹線を歓迎するような垂れ幕が下がっていた。
(駅近くの観光地は飯山城址や高橋まゆみ人形館などがあるが、新幹線が開通すればこの街並みも一変するのだろうか)
P1250073.jpg

●上越妙高駅(信越本線・脇野田駅)
P1240126.jpg
飯山駅の次の新幹線駅。
信越本線で直江津から長野方面へ向かうと、屋根がなく寂しい脇野田駅のホームに並行するように北陸新幹線・上越妙高駅の駅舎が見える。
(例によっていかにもという形の駅。風雨が強くなり、外に出れなかったのが残念)

北陸新幹線開業により、信越本線の長野~直江津間は第3セクターとなるため、18きっぷでこの周辺を回るのは面倒になりそうなのが残念である。
(この時は昔ながらのボックス席の車両に乗ったが、いつまで乗れるやら)
P1240138.jpg

東京駅丸の内駅舎メジャー E7系 北陸新幹線

新品価格
¥1,058から
(2014/8/29 11:54時点)


18きっぷで関西へ。東海道線・新快速が止まる野洲駅ってどんな駅?

滋賀県の野洲駅(「のす」ではなく「やす」)というと、東海道線の新快速が止まる駅ということで駅名には多少なじみがあるが、関東在住の身としては、どんな駅かと言われるとピンと来ないところがあった。

2年前に18きっぷで関西へ行った時、新快速の遅延等でたまたま野洲駅で電車の待ち合わせをする羽目になった。
この時、せっかくだからと途中下車して駅の外に降りてみた写真があったので、まとめてみる。
(18きっぷだからこそできる芸当。そんなことでもなければ、降りる気にはならなかったわけだが…これも一期一会ってやつか)

●野洲駅の名所
P1840020.jpg
駅によくある、出口付近(北口と南口)の名所をまとめた看板。

「どうたく博物館」なるものがある他、右下にはイメージキャラクターの「ドウタクくん」がいて、銅鐸が街の一押し観光名物ということがわかる。

●「ドウタクくん」グッズ
P1840022.jpg
そばのショーケースには「ドウタクくん」のキーホルダーやマグネットが並べられていた。
(ホログラムっぽい加工もされていてちょっと本格的)
その下には、歴史の教科書で見覚えのある銅鏡などもあり、銅鐸ともども歴史を感じる。

なお、ドウタクくんは1988年生まれと歴史は古く、ゆるキャラたちの大運動会「第8回ゆるキャラカップイン鳥取砂丘」で、総合優勝を果たしたこともあるらしい。

 「ドウタクくん」筋トレの成果か、ゆるキャラ全国運動会V2 滋賀・野洲市
 http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/131204/wlf13120411240008-n1.htm

●平清盛・妙王ゆかりの里・野洲
P1840023.jpg
駅の北口には「おいで野洲!(おいでやす?)」というダジャレのきいたコピーの下に「平清盛・妙王ゆかりの里」という看板。
そしてかわいいイラストが添えられていた。

●「ドウタクくん」の恋人?「やよいちゃん」
P1840024.jpg
さらにその近くの看板には、駅付近の商店街の名店が説明されているほか、右下には(緑色の)「ドウタクくん」の色違いバージョン、ピンク色の「やよいちゃん」がいた。
(銅鐸のあった弥生時代からとったものと思われる。「野洲市商工会イメージキャラクター」とあった)

ピンク色で女の子を用意するパターンは、「青い森鉄道」のモーリーを思い出す。
(ただ、向こうは女の子とは明言されてなかったが)

 青い森鉄道にも乗り放題となる「北海道&東日本パス」で青森駅へ
 http://18kipper.blog.fc2.com/blog-entry-69.html
 東京を表す新ドメイン「.tokyo」


●そして京セラ
P1840025.jpg
さらに北へ進んだ先には、京セラがドンと工場を構えていた。
これを見ると、京セラあっての野洲駅、京セラあっての新快速かと、なんとなく邪推してしまう。


ダニ・ハウスダストにお悩みなら
フリーエリア



にほんブログ村 株ブログ 株 オプション取引へ
にほんブログ村
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ

wpXクラウド
株価チャート(簡易版)※ダウETF週足
by 株価チャート「ストチャ」
株価ボード(β)
フリーエリア

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
フリーエリア