FC2ブログ
急げ!新ドメインは早いもの勝ち!

高田馬場のレトロゲーセン・ミカド/「遠藤雅伸のゲームデザイン講義実況中継」を読んでみた

●高田馬場駅近くのレトロゲーセン・ミカド

今となっては貴重な体感ゲームが勢揃いしている。
「アウトラン(左右の他、路面の上り下りに反応して上下にも揺れる)」や「スペースハリアー」、「アフターバーナーⅡ(スタンディング筐体)」など。
他にも「ポールポジション」、「パカパカパッション(1,2、SPと揃っていて切り替えスイッチで変えて遊べる。1回50円)」など一昔前、もしくは大昔に流行した貴重なゲームが並んでいて、昔を懐かしむのにもってこい。
(某ニコ生主が攻略に手こずっていた「妖精物語ロッドランド」もあってちょっと驚いた)

===============================
株式会社モバイル&ゲームスタジオ・著。
「ゼビウス」や「ファミリーサーキット」などで有名なゲーム作家の遠藤雅伸氏が若手社員向けに行ったゲームデザインについての講義内容をまとめたもの。

最初は「ゲームとは何か、何を面白いと思うか?」といった基本から始まり、ゲームシステムやレベルデザインの作り方、さらにシューティングやドライブ、アクションやパズルゲームのジャンル毎の代表作の歴史等も交えながら、具体的なゲーム内容、特徴にも踏み込んでいる。

自分のようなただのゲーム好きが読んでも、昔やったゲームの面白さなどを解説してもらうことで、当時を思い起こすことができて結構楽しめた。
(シューティングなら「インベーダー」から「テンペスト」「アステロイド」ときて「グラディウス」への進化、ドライブなら「東海道横断」で知られるエレメカの「ミニドライブ」からアタリの「ナイトドライバー」「スプリント」、そしてセガの「モナコGP」、ナムコ「ポールポジション」を経て「バーチャレーシング」「ウィニングラン」などへ)

ゲーム歴史の部分を読み終わると、ゲーセンへいきたくなるような1冊だった。
(「バーチャレーシング」は5年くらい前に松戸のメクマンでやったきり。久々にやりたいがなかなか見つからない…)

# ちなみに、最近よく話題になるゲームの課金についても解説されている。
# 「課金者がユーザの2割位でも、その2割がゲーム全体の利益の8割を占める位になる」
# (だから課金者の不満は優先してちゃんと対応すべき)
# 無課金者を「外野」と言っただけで炎上したゲームメーカーの人がいたが、これを読んで納得した。
#
# 「重課金者はいくら金を払ってでも、時間に余裕があり先行する無課金者に追いつきたい、そして叩きのめしたい」
# (無課金者の積み上げたリードを有課金者が金で奪う(追い越す)ゲーム構造を作ると、儲かる循環になるということか)
# といった課金のコツのようなことも書かれていて、課金の旨みがよくわかる。
#
# バンナムの「ジョジョ」、コナミの「パワプロ」、任天堂の「バンブラ」など、家庭用ゲームにも広がる課金の流れ(そしておそらくユーザの縮小)は止められそうにない感じがした。

遠藤雅伸のゲームデザイン講義実況中継

新品価格
¥2,310から
(2013/10/30 11:43時点)


千葉の「醤油サイダー」を飲んでみた

P2520099.jpg
千葉みなと駅近くのポートタワーの売店で購入。
こげ茶色っぽいパッケージと中身の色は、サイダーというより醤油かと思わせる。
(一気飲みしたら命を落とすのではないかと)

味はというと、「醤油は0.05%使用」だけとあり、口当たりはコーラっぽく、後味に本当に少しだけ、醤油っぽい香ばしい風味が感じられる程度。
むしろ問題は炭酸が抜けた後で、醤油の塩辛さを消すために甘味料が多めに使われているせいか、普通のコーラより甘々で香ばしい、よくわからない味わいとなる。

というわけで、開封後は炭酸が抜けないうちに飲みきることを勧める。
 ※↓香川県の特産品にもあるらしいが、どんな味なのか…。

横須賀駅近くの戦艦スポット(軍艦 長門碑など)/横須賀署、萌えキャラ「MIKASA巡査」を起用

横須賀署が振り込め詐欺防止のキャンペーンに萌えキャラを起用したとのこと。
(同署の巡査長が描いたキャラらしい)

 萌えキャラで振り込め詐欺防止、高齢者宅へチラシ配布/横須賀
 http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1310140013/

「MIKASA」の由来は横須賀の観光名所の三笠公園が由来。
(三笠公園はJR横須賀駅から歩いて20分ほど。京急の横須賀駅ならもっと近い)
公園は海沿いで、戦艦三笠も停泊している。

巨大な艦体、そして砲台なども間近で見れてなかなかよい。
P2560204.jpg

戦艦で「萌えキャラ」というと、今流行のブラウザゲーム「艦これ(艦隊これくしょん)」の方を思いつくが、この流れが続けば、警察(もしくは海自)とゲームのコラボもいずれ見られるのだろうか。
(公式twitterはもう反応しているらしいが)

 ※参考記事:【艦これ】自衛隊宮城地方協力本部の公式ツイッターが楽しそう
  http://kanmusu.blomaga.jp/articles/14553.html

ちなみに三笠公園のほか、JR横須賀駅そばの海沿いにあるヴェルニー公園内にも、戦艦を模した記念碑等が建っている。
その1つ「軍艦 長門碑」。
P2560177.jpg
大理石の上に青銅の艦船が乗っている。
(↑の艦船が↓のキャラクタになるとは、いやはやすごい時代になったと思う)

艦隊これくしょん-艦これ- ロングタペストリー 第一弾 長門

新品価格
¥5,728から
(2013/10/21 10:53時点)



(なお、近くには「軍艦 山城の碑」など他の艦も並ぶ)

また、石碑のそばから海上へ目を向ければ、最新の整備中の軍艦や潜水艦の姿を拝めることもある。
P2560180.jpg

個人的には、戦艦が出てくるゲームというと「1943」などを思い出すのだが。
(子供の頃、地味なシューティングゲームと思いながらも結構熱くなってやっていた)
ダウンロード版の「カプコン アーケード キャビネット」の他、psp等で出ているアーカイブコレクションに収録されている。

カプコン クラシックス コレクション Best Price

新品価格
¥1,700から
(2013/10/21 10:57時点)


オタフクソースの「スポーツドリンク」を飲んでみた

銀座の広島ブランドショップで購入。
お好み焼きソースでおなじみオタフクソース株式会社が製造した、その名も「スポーツドリンク」。
(なんのひねりもない商品名が老舗らしい?)

味の方は、ラベルにある通り「リンゴ酢」「ハチミツ」「ビタミン(B2/B6/C)」の入った暑い時やいい汗かいた時にきく、正統派な味(酢が強めなのが暑さにまたいい)なのでご安心あれ。
(大阪の「たこ焼き風ソース風味ラムネ」のような、無理矢理なソース風味とかは入ってない)

【ご当地ラムネ】おもしろラムネセット/豪華8種のおもしろラムネが大集合/地サイダー・地ラムネ/お取り寄せ/お土産/みやげ

価格:1,480円
(2013/10/17 12:03時点)
感想(6件)


10月20日(日)夕方頃まで常磐線(快速)の一部区間運休に注意


JR東日本によると、常磐線(快速)は2013年10月20日(日)初電から17時40分頃まで上野~北千住間で運休になるとのこと。
(なお、常磐線(各駅停車)は通常運転するらしい。写真は列車内の告知ポスター)
工事時間中は茨城方面~北千住駅での折り返し運転となり、他のJR線・東京メトロ千代田線などへの振替乗車を行う。
(特急は北千住駅発着に変更、もしくは運休する列車もあるとのこと、詳細は以下のJR公式情報を参照)
 http://www.jreast.co.jp/suspend/



日曜日にこの周辺を通って出かけようと思っている方はご注意を。
また、この日は「秋の乗り放題パス」の有効期間の最終日ということもあり、時間ギリギリでこの区間の乗り継ぎ計画を立てている方にも影響する可能性があるので、時間に余裕を持たせた方がいいかもしれない。

 秋の乗り放題パス(3日連続で7500円)
 http://www.jreast.co.jp/tickets/info.aspx?GoodsCd=1980

(上野~北千住間を快速でなく各駅停車に乗り換えて移動すればいいだけとはいえ、快速じゃない分時間が余計にかかる他、日曜日で都心への観光客の移動が多いことから、予期せぬ混乱や遅延なども考えられる)

ここでちょっと気になったのは、こういった工事などの情報は、近隣路線の車内放送や駅の掲示物では告知されていたが、他のメディア(テレビ・新聞広告?)や地方の方ではどの程度情報が流れるのかということ。
もし車内放送や駅以外で工事の告知がないとすれば、工事の日に久々に電車に乗るという人や地方から観光に出てきた人なんかは、工事のことを知らずに混乱したり、計画変更を余儀なくされたりする人もいるのかもしれない。

ちなみにこの後も、11月23日(土・祝)から24日(日)にかけて品川駅で線路切換工事、他、吾妻線や飯山線でも工事があるようなので、電車での観光計画を立てる前には一度JRの運転情報(以下URL)を見ておいた方がいいだろう。
 http://www.jreast.co.jp/suspend/

秋の乗り放題パス・3日間で行くこんなルート(飯田線・身延線巡り)

「秋の青春18きっぷ」とも言われている(らしい)「秋の乗り放題パス」が発売となっている。
JR東日本のきっぷは3日連続でしか使えず、正直使い勝手が良くないが、出してくれただけでもありがたいと言うしかない。

 秋の乗り放題パス(3日連続で7500円、全国OK)
 http://www.jreast.co.jp/tickets/info.aspx?GoodsCd=1980

 ※ちなみにJR西日本では「鉄道の日記念 JR西日本一日乗り放題きっぷ」というのもある。
  (1日単位で使えて3000円。但し、JR西日本エリアのみ)
 http://www.westjr.co.jp/press/article/2013/09/page_4413.html

というわけで、以前、これを使って3日間旅行した時のルート例をあげてみる。
(飯田線と身延線を通りつつ、沿線観光するのがテーマ)

 ※正確に言うと、今年の春に18きっぷを3日連続で使用した旅である。
  季節限定の特別な列車は使ってないので、一応秋でもこのルートで行けるはずである。
  ただ、先日の記事の通り、飯田線はバス代行輸送となっていて不測の事態も起こりうるので、詳細は確認した方がいいかもしれない。

 飯田線(一部区間)の運転見合わせ、再開まで「3カ月程度」
 http://18kipper.blog.fc2.com/blog-entry-292.html



●1日目・7:20 東京→8:30 高尾→11:10 小淵沢→15:40 為栗→17:45 飯田(宿泊)

まずは都内から高尾に出て、中央本線で飯田線への分岐駅、岡谷を目指す。
P1990015.jpg

高尾を過ぎると、先日脱線事故があった相模湖駅があったり、山梨県内を進むと渓谷を上から見下ろす車窓などもあり、見ていて飽きない。
P1990027.jpg

小淵沢でちょうどお昼時なので、そば屋で食事
(駅弁で有名だが、ホームの駅弁屋近くにそば屋もあるので、信州ならでは?の山賊そば)。
P1990062.jpg

その後、飯田線に入り、前回も記事にした吊り橋のある為栗駅へ。
そして最後に、宿のある飯田へ折り返して1日目終了。
P1990212.jpg
(これは滞在時間を1時間程度にするためでもある。
 逆方向の電車も使って効率よく駅を回るのは、「鉄子の旅」でおなじみの横見氏もよく使う手法)


●2日目・7:00 飯田→8:50 小和田→13:00 豊川→15:30 豊橋→19:00 焼津(宿泊)
この日は飯田線を抜けて、3日目の身延線に備えてなるべく東海道線で距離を稼いで東へ近づいておく。
ただ、いわゆる秘境駅も回りたいということで、先日も記事にした古びた駅舎の残る小和田駅へ。
P2000067.jpg
(旅行者用のノートが何冊もきれいに保存されていた。
 あと、駅舎内の木製の長椅子は確かに横になるのにもってこいで、駅寝も不可能ではなさそう)

1時間20分ほどで次の豊橋方面の列車が来るので、先を目指す。
途中乗り継ぎ待ちなどをしつつ、次は豊川駅へ。
P2000149.jpg
ここは稲荷神社の総本山である「豊川稲荷」があることで有名。
(一応普通っぽい観光もしておく)

その後は豊橋の新名物、カレーうどんで夕食。
P2000191.jpg
(ご丁寧にカレー飛び散り防止のエプロンつき)

そして東海道線で東へ向かい、その日の宿のある焼津へ。
(ここのウィークリー翔は1泊1900円で駅から徒歩5分、かつ設備もウィークリーマンション並みに整っていてかなり使いやすい)



●3日目・7:50 焼津→9:15 富士宮→13:30 甲府→18:00 東京(帰宅)

この日は身延線を抜けて、あとは東京に帰るだけ。
海の街・焼津ということで、早朝に起きて漁港近くを散歩。
P2000204.jpg
やはり日の出は美しいもの。

まずは焼津から富士へ行き、身延線に乗り換えて富士宮へ。
(車窓の進行方向右側に世界遺産・富士山が出ずっぱりになるので、撮影にもってこい)

富士宮といえば、焼きそば以外にも浅間神社の総本山である「浅間大社」がある。
P2000263.jpg
富士山を拝みながらの参拝。
旅が無事終わりそうなことへの感謝も忘れずに。

その後、身延線に戻って甲府へと先を急ぐ。
(しばらくすると富士山は進行方向左側へ移動)
P2000294.jpg
富士山が消えると、今度は広い川とそれに沿う車道を見下ろしながら走り続け、多彩な車窓を楽しめる。

そして甲府に到着後、遅い昼食にほうとう鍋をがっつり。
あとは駅のそばの甲府城跡をさっと見て、東京への帰路につく。
(ここからは行きと同じ車窓で、さすがに2日ぶりに見ても飽きるので、空いた車内で寝ながら帰る)

今週末から来週にかけて比較的天気は安定しているようなので、電車での長旅に狙い目と思われる。

青春18きっぷパーフェクトガイド2013-2014 (イカロス・ムック)

新品価格
¥1,470から
(2013/10/9 10:34時点)


「鉄子の旅」のような飯田線巡り/一部区間の運転見合わせ、再開まで「3カ月程度」

台風18号の大雨で運転見合わせとなっている飯田線の平岡駅~天竜峡駅間について、JR東海は「運転再開までには3カ月程度かかる見通し」と発表したらしい。
先日から利用開始の「秋の乗り放題パス」には間に合わないが、冬の18きっぷシーズンに間に合うかが気になるところだ。

 JR東海、飯田線の全線再開まで「3カ月程度」
 http://response.jp/article/2013/09/20/206769.html

さて、過去記事で何度かネタにしている「鉄子の旅」の2巻で、この飯田線にある6駅がオススメ駅として取り上げられているが、不運なことに、この運転見合わせ区間にオススメの6駅中4駅が入っているという惨状。
(千代駅、金野駅、田本駅、為栗駅)
バス代行輸送があるそうなので駅に行けないわけではないと思われるが、電車で来てホームに降りれないのはちょっと残念な面もあるだろう。
(今年の春先に飯田線に行ったのだが、紅葉の頃にもう一度行きたかったので、運転見合わせは正直残念)

ということで、今年の春先に行った時の写真(一部駅だけ)をあげてみる。

●為栗駅
P1990185.jpg P1990192.jpg
「周りに民家はゼロ」で「つり橋がある」駅。
昼間なのに、この駅で自分が降りると他に降りる客の姿はなく、電車が去った後は、耳に響くくらいの静寂を味わえた。
(大自然の中で一人ぼっちという本当の恐怖、孤独感に包まれる)

また、吊り橋からはるか下に流れる天竜川を見下ろすのもスリリング。
P1990162.jpg

●田本駅
P1990150.jpg
「ここもガケ」の駅で、狭いホームギリギリまで断崖絶壁が迫る。
駅から出る道は豊橋方向のホーム端(トンネル手前)にあり、この時たまたま、地元の方らしき人が駅で降りていた。

●金野駅(たぶん)
P1990148.jpg P1990146.jpg
「崖の反対側にホームがある」駅。
ホームにはガケの他にほとんど何もない。
「近くに橋があったはず」ってのはこの赤い橋?

それにしても、今年の夏の豪雨は数多くの路線が運転見合わせとなり、鉄道泣かせだったと思う。
三江線なども被害がひどかったらしいが、復旧したら乗りに行きたい。
(このままバス転換なんて話もあるが、時代の流れでローカル線は整理される運命だとすれば、さっさと乗りに行くしかないのかもしれない(先日ネタにした銚子電鉄なんかもそうだったが))

 銚子電鉄の「鉄子の旅」カラー車両(2009年撮影)
 http://18kipper.blog.fc2.com/blog-entry-183.html

鉄子の旅 (2) (IKKI COMIX)

新品価格
¥590から
(2013/10/7 10:15時点)




ダニ・ハウスダストにお悩みなら
フリーエリア



にほんブログ村 株ブログ 株 オプション取引へ
にほんブログ村
カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ

wpXクラウド
株価チャート(簡易版)※ダウETF週足
by 株価チャート「ストチャ」
株価ボード(β)
フリーエリア

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
フリーエリア