FC2ブログ
急げ!新ドメインは早いもの勝ち!

大和ネクスト銀行、他人宛振込に携帯メールでの認証必須に

今月から、大和ネクスト銀行で他人宛の振込を行う際、携帯メールアドレスを使ったワンタイムパスワードの入力が必須となったらしい。
(セキュリティ強化のために携帯電話のメールを使わせる流れが続いてる模様)

 大和ネクスト銀行 ワンタイムパスワードでの他人宛振込 9月1日~
 https://www.bank-daiwa.co.jp/safety/transfer/
 100GB無制限レンタルサーバー【X2】

他にも他行振り込み無料の銀行はあるので、当面はそちら(住信SBI、新生銀行など)を使えば支障はないかなという次第ではある。

携帯メールアドレスの登録となると、どうしても不安になるのが関係ない宣伝メールが送信されたり、アドレスが漏れて迷惑メールが送られてくること。
宣伝メールで携帯電話を鳴らされる事にはどうしても抵抗がある。
(今はスマホから普通にWebメールなどが使えるので、昔に比べると携帯メールアドレスの希少性はないのかもしれないが…)

大和ネクスト銀行の場合、新商品のお知らせなどのメール配信は設定でオフにでき、今のところPCのメールアドレスに無関係なメールは来てないので、少しは安心感がある。
(さすがに他の某銀行のような、携帯メールアドレスを登録したらグループ企業の宣伝メールまでわんさか届くようになるらしいという惨状にはならないと思うが…)

なお、本人名義の他行口座への振り込みの場合は携帯メールでの認証は不要らしいので、お得なキャンペーンをする銀行へ送金するための中継地にはまだ使えそうだ。
(最近お得なキャンペーンをする銀行があまりないので、よそへ振り込むこともほとんどないのだが)

9/22 17時頃~ソネットでWeb閲覧やメールに障害、ほぼ半日に及ぶ

9/22の17時頃~9/23の2時頃までの間、So-netでWeb閲覧やメールに障害が発生し、ネットが使えなかったりメール送受信ができないといった影響が出ていた模様。

 So-netシステム障害の発生について(以下画像)
 http://www.so-net.ne.jp/siteinfo/201409em/
 【つや肌酵母】のスキンケア試してみませんか?

現在は復旧しているものの、障害原因と影響範囲については「現在調査中」とあるので、引き続き詳細を待ちたい。
(復旧したような書き方をしつつ、「※各サービスの正常稼働についても確認中です」とあるのは不安なところである)
sonet-info1.jpg
sonet-info2.jpg

ただ、ツイッターや掲示板等での情報やサポートに問い合わせた方の報告を見ると、
「障害発生中に送られてきたはずのメールが受信できない」

「障害発生中、So-netのメールサーバではメールを受信できない状態となっていたため、その間送信されたメールについて、該当メールの有無を含め弊社での確認は不可(つまり、障害発生中の受信メールが消えた可能性がある)」

「上記時間帯にSo-netメールアドレス宛てに 送信された可能性があるメールがございましたら、該当メールの送信元にご確認いただき、必要に応じて再送等の対処を行っていただきますようお願いいたします」

という話があり、それを含めての「影響範囲については現在調査中」ということなのだろうか。

(とはいえ、メールが消えた可能性があり、各ユーザ側での確認が必要ということが既にわかっているなら、サポートで答えるだけでなく、上記ページでそれも公開すべきだと思うのだが…(メールの仕組みを理解している慣れたユーザにとっては、障害後に相手に再送を要求するのは常識と言えば常識なのかもしれないが、初心者もいるわけだから))


今回まいったのが、実家で使ってるプロバイダーもSo-netだったこと。

プロバイダーやネットサービスに障害が発生するのはどこでも起こりうることで自分は慣れっこだが、実家の親はそういうのに慣れてなかった。

そのため、「うちのパソコンが壊れたんじゃないか」「このメールのパスワードってのが間違っているのか」という電話をかけてきたので、「今、メールサーバーの方で障害が発生しているのが原因だから、とりあえず設定はいじらないでしばらく待ってて。パソコンの方は何も問題ないと思うから」と伝えた。

万が一設定を勝手にいじられると、電話上では復旧できないような泥沼になる可能性がある(そして、実家までわざわざ戻って直す羽目になる)ので、こういう場合は極力何もいじらないよう指示するのが無難だと思った。
(問題発生時、まず自分の側に原因がないかを疑うのは実生活なら悪いことではないが、ネット上ではあまりあてはまらない気がする)


ここまで書いて、ふと思い出したのが「こち亀」の部長が娘さんの家で留守番していて、予約などで自動で動き出すビデオや洗濯機にパニックになる話。
(ぐぐったら 69巻の「家電恐怖症の巻」らしい)

部長が片っ端からコンセントを抜いて電気製品を止めていたが、今のパソコンやHDレコーダーでやられたら洒落にならないだろう。

こちら葛飾区亀有公園前派出所 (第69巻) (ジャンプ・コミックス)

中古価格
¥1から
(2014/9/25 11:20時点)


駿河屋のレビュー評価、やや改善進む(2014年9月)

先月の記事で、評価がやや改善という話をした駿河屋だが、今月のレビュー評価は、楽天はほぼ変わらず、価格コムはさらに改善という感じだった。

 ●楽天のレビュー 4.26/5段階評価 (7月の評価 4.26)
  http://review.rakuten.co.jp/shop/4/239310_239310/1.1/
 ●価格コムのレビュー また利用したい:66%/207件評価(7月の評価 61%/件評価)
  http://kakaku.com/shopreview/1819/

 先月のレビュー:駿河屋のレビュー評価、一進一退(2014年7月)
 http://18kipper.blog.fc2.com/blog-entry-482.html
  開運の護符作成 かなえや

最近は以前多発していた大幅な遅延報告(1ヶ月待ちとか)や状態のひどい品物が届くといった報告は減り、状態の改善が進んでいることが伺える。
(目新しい報告は少なく、あまり書くこともない印象)

とはいえ、依然として「駿河屋 遅い」などの検索ワードで過去の記事を見る人はそこそこいるようで、レビューに書かなくても潜在的に不満を感じる人は多いのかもしれない。

以下、まとめ。

<出荷遅れ>
・最近のレビューでは、発送されるまで待たされても4,5日程度で、それでも「もう慣れました」という感じで「また利用する」評価の人が多かった。
 プレゼント用などで早く届かないと困るものならともかく、自分用の品ならそれほど気にせず使えるのではないだろうか。

<発送がゆうメール>
・「本を段ボール等での補強なくゆうメールの袋に直で入れ、『折り曲げ厳禁』などの指定もなし。
 その商品は郵便受けに無理に入れられるので、どうなるかはお察し」
・「3000円の品なのに送料ケチってゆうメール」
 >ゆうメールでの発送については郵便事故時の保証がない、追跡できないなどの理由で否定的な声がある。
  とはいえ配送方法は「ゆうパック、ゆうメールを利用」としかなく、どちらで送るかは駿河屋の都合次第らしい。

  駿河屋・配送について
  http://www.suruga-ya.jp/man/customer_guide/haisou.html#haisou3

  よって、ゆうメールが嫌な場合は、安い本などを追加で頼んで荷物量を増やし、ゆうパックじゃないと届けられない量にするしか回避策はない?
  (あるいは、こういうかさばる物を一緒に買うとか↓。駿河屋はお菓子も売っている)

  無事に届いた方は、ゆうメール発送でも「また利用する」評価の人もいる。
  とはいえ、事故がおきたらどう対応してくれるかは気になるが。

※ところで、駿河屋のダンボールは大きさが手頃で、何気に本を入れるのに便利だと思う。
 (本を満杯に入れても重すぎず、大きさが一定の箱が多数あると、積み上げたり片付けもしやすい)


<勝手に指定される配達日>
・「(配達日を特に指定しなかったのに)ゆうパックの配達日を勝手に指定された。地元の郵便局に到着済みだったので問い合わせたが、相手先の指定日にしか渡せませんと言われた」
 >駿河屋が配達日を指定しなければ、もっと速く届けてもらえたということだと思われる。
  また、配達主の意向しか聞かない郵便局側のシステムにも問題がありそうだ。
  (とはいえ、送料据え置きのためか、最近ゆうパックを使う業者は多い。この辺は客の側も我慢するしかなさそう)

<返品のやり取り>
・「返品の連絡をすると、注文番号や商品名の他、納品書に記載の『合・検・承・梱』のチェック担当者名などまで聞かれる」
 >注文番号や商品名がわかれば社内でトレースできるはずだが、その作業まで客にやらせている?

・「必要事項を送信しても、『弊社販売基準以上の瑕疵がございましたでしょうか?』とさらに質問で返された。
 さらに、『どのような商品不具合ですか?』と最初に連絡した内容を再度聞かれたりと、まるでたらい回し」
 >「返品はきちんとしてくれる」というレビューはあるものの、そこまでの道のりは長い模様。

あおぞら銀行の定期預金を中途解約するためコールセンターへ電話

先日、あおぞら銀行インターネット支店口座の定期預金を中途解約した時の話を。

インターネット支店の定期預金の中途解約はインターネットバンキングではできず、テレフォンバンキングまたは書面(郵送)による手続きが必要となるとのこと。

 定期預金|サービス|あおぞら銀行 インターネット支店
 http://www.aozorabank.co.jp/netbranch/service/timedeposit/index.html
 1本無料キャンペーン


ということで、あおぞらホームコールに受付開始の朝9時過ぎに電話。

自動アナウンス等はなく数秒で直接オペレータにつながったので、「インターネット口座の定期預金解約」と用件を伝える。

その後、お決まりの本人確認(住所などを聞かれる)、口座番号(7桁)を伝えると、どの定期預金を解約するか、またその金額を確認。
(口座番号はインターネットバンキングのログイン時に使う契約者番号(10桁)とは別)

そして、テレフォンバンキングの登録がないので解約用の書類を郵送すると伝えられ、電話での手続きは終了。
(一部の銀行では、振り込め詐欺防止のために定期預金の解約理由を聞かれることもあるようだが、ここではそういう話はなかった。聞かれるのは騙される危険のある高年齢層だけ?)

数日後、書類が届いたので住所氏名の記入や捺印などをした上、免許証など身分証明書のコピーを添えて返信。
(以下は解約用の書類「定期預金払戻請求書」。一部は銀行側で記入されていたので、残りの空欄を自分で記入)


なお、「預入番号」などの記入方法の説明がなかったので、問い合わせた所、以下のような感じでいいとのこと。
(本来は窓口で行員に聞きながら記入する類の書類なのだろう)

記入例のヘルプを作らなかったり、インターネットバンキングからの解約機能をつけないということは、解約件数がさほどなく、人力で対処できるということだろうか。

・預入番号:口座番号(7桁)のことらしい。
・取引先番号:あおぞら銀行で開いてる口座が1つだけなら「001」でいいらしい?(説明が曖昧だった)
・預入番号:インターネットバンキングで口座明細を見て、定期預金(残高明細照会)の解約する明細の預入番号(5桁)の下3桁を記入。

返信からまた数日後、インターネットバンキングで残高を確認すると、解約処理が完了していた。
(定期預金の元本と中途解約分の利息が、普通預金口座に振り替えされていた)

また、さらにその数日後、ご丁寧に文書でも解約処理の明細が届いた。

リアルタイムのメール等での連絡はなかったが、オンラインとオフラインの手続きが混在してるため、こうなるのは止むを得ないのだろう。
(定期は解約しても、100万以上預けてれば普通預金利率を0.20%にしてくれるので、なんだかんだ言ってまだまだ頼りになる)

 あおぞら銀行 普通預金 特別プログラム
 http://www.aozorabank.co.jp/netbranch/products/special10/index.html

変動激しい楽天銀行・1週間定期の預金金利

先週、楽天銀行の「1週間定期」(新生銀行の2週間定期に対抗したものと思われる)の預金金利が一時0.20%に上がっていたが、9/1の段階では0.05%に下がっていた。
(月末だけのサービスだったのかもしれない)

その変わりなのか、6ヶ月定期が0.20%に上がっていた。
(以下、定期預金金利。一番下は先週、0.20%の時に作った1週間定期の明細)


0.05%となると、「マネーブリッジ(楽天証券と楽天銀行の間で口座をリンクさせた場合の優遇金利サービス。SBIハイブリッド預金のようなもの)」の0.10%より利回りが低くなってしまうので、満期時の取り扱いを「満期自動解約」にして損しないようにしておきたい。

 楽天銀行・預金金利
 http://www.rakuten-bank.co.jp/interest/details.html#anchor-01

今月は半期末なので、楽天銀行以外でも、各銀行の金利優遇やキャンペーンに期待したいところ。
(とはいえ、金利が低下傾向にあるのであまり期待できないかもしれないが)

ブックオフオンライン楽天市場店、送料値下げしてた(300→150円)

以前、送料値上げを記事にした「ブックオフオンライン楽天市場店」だが、先日チェックしたら送料が値上げ前の150円に戻っていた。

 配送について
 http://www.rakuten.ne.jp/gold/bookoffonline/info.html#info_delivery

 駿河屋レビュー(2014年1月)/ブックオフオンライン、送料値上げ
 http://18kipper.blog.fc2.com/blog-entry-359.html

ブックオフオンライン本店は送料360円(1,500円以上の購入で送料無料)なので、本店より安い。
(但し、楽天市場店の方は3,000円以上で送料無料なので、購入する量で使い分けるのがよさそう)

 ブックオフオンライン(本店)
 http://www.bookoffonline.co.jp/

本の値段は店頭と同じ100円の本はもちろん、88円など100円を切る商品も多く、安い商品の豊富さは相変わらず。
(こうも安いと、かつての駿河屋のように掘り出し物を探したくなってくる)

というわけで先日、久々にブックオフオンラインで20冊ほど買ってみたところ、以下のように注文の2日後に配送となった。

・金曜日夜:注文 → 日曜日夜:発送 → ゆうパックで到着。
 ※本の量が少ない場合はメール便になる模様。

本はいつもの紙袋に平積みで入っていて、品質はブックオフ店頭の100円コーナーの本程度。
(一部少し日焼けしている本があったが、ひどい破れや水濡れ、日焼けはなしで概ね良好)


この水準の送料・価格が続くなら、今後も引き続き使いたい。
(月末の期間限定ポイント消化にも役立ちそうである。なお、今ならスーパーセールでポイント10倍の模様)


ダニ・ハウスダストにお悩みなら
フリーエリア



にほんブログ村 株ブログ 株 オプション取引へ
にほんブログ村
カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ

wpXクラウド
株価チャート(簡易版)※ダウETF週足
by 株価チャート「ストチャ」
株価ボード(β)
フリーエリア

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
フリーエリア