FC2ブログ
急げ!新ドメインは早いもの勝ち!

赤羽で見つけた9割引のバレンタイン用(?)ケーキ

以前「孤独のグルメ」の件で記事にした赤羽にまた行ってみた。

 孤独のグルメのロケ地を散歩(シーズン3・1話・赤羽)
 http://18kipper.blog.fc2.com/blog-entry-295.html

駅近くのアーケード街、LaLaガーデンにあった某安売り店をのぞくと、店頭で山積みになっている約9割引のケーキがあった。
(800円→100円。よく見ると赤字で159円だったのが黒字で100円に再値下げされている模様)
P1670055.jpg

ハート型のデザインからしてバレンタイン用と思われるが、割引率に釣られて買ってしまった。
(箱の中身は、紙箱に緩衝材もなく小さなケーキが無造作に入れられていて、値段の割に荒っぽい包装)

食べてみると、表面はチョコケーキっぽい茶色だが、中身は「ストロベリーケーキ」の名の通りのピンク色。
(食感はコンビニなどで売ってるケーキっぽく、味はそれなりにイチゴ味っぽい感じでまあまあ)
D1000201.jpg

元々の売値は800円とあるものの、ハート型とかバレンタイン用なのを無視すれば、せいぜい300円くらいというのが実感。

不良在庫だったのを仕入れたものと思われるが、バレンタインのボッタクリぶりに眩暈がする思いだった。
(中身はともかく、この簡素すぎる包装で800円はさすがに無理があるだろうと…)

まずは、以下のような処分品がサンプル百貨店かamazonアウトレットあたりに安く出てくるのをじっくり待ちたい。

(バレンタイン用と思われるチョコがそのまま「ホワイトデー お返しチョコ」などと転用されたりもしているので、本当の勝負は3/14を過ぎてから?)

外貨現物(ドル紙幣)を郵便局で両替

●テレビの「都市伝説」の番組で話題になった1ドル紙幣裏面の例のマークと、50ドル紙幣。
 後で番組のように折り紙をやって、燃えるツインタワーの絵などが出るか確かめてみたい。
D1000204.jpg

=====================
以前書いた外貨現物の自動両替機の記事(以下)に続き、今度は郵便局で外貨の両替をやってみた時の話を。

 外貨現物(ドル紙幣)を自動両替機で手にいれる
 http://18kipper.blog.fc2.com/blog-entry-101.html
 ドメイン取るならお名前.com

(先日のNHKの番組「預金封鎖」に触発されたわけではないが、国債利回りが不安定な昨今、備えるに越したことはないかなということで)

外貨両替ができる郵便局は限られているので、対応している郵便局をまず探す。

 利用条件からさがす:外貨両替・トラベラーズチェック‐日本郵政
 http://map.japanpost.jp/pc/searchDetail.php?searchDetail1=alist2&searchDetail2=blist4&searchDetail3=clist3

この時自分が行った郵便局では、「貯金」の待合札をもらって自分の番を待った。
(業務による待合札の分類に「外貨両替」がなかったため。不明な時は聞いた方が早い)

自分の番が来ると窓口に行き、後は以下の手順で進んだ。

①外貨両替したい旨を伝える。

②口頭で通貨の種類(米ドルとかユーロとか)と金額を聞かれる。

これは、郵便局で在庫がない通貨はお取り寄せになるため。
(確実に両替したい場合や大量に両替する場合は、事前に電話で確認するようにとのこと)

 外貨両替-ゆうちょ銀行
 http://www.jp-bank.japanpost.jp/kojin/tukau/kaigai/tc/kj_tk_kg_gik_index.html

③窓口で両替の申込書を記入する。

記入項目は住所氏名などの個人情報、通貨の種類、金額。
(ただ、数百ドル程度の小額のためか、身分証明書の提示は不要だった。外貨から円への両替の場合は必要になるとのこと)

④「券種」を聞かれる。

これは1ドル紙幣から100ドル紙幣まで、どの紙幣を何枚ずつで両替するかということ。
(上記記事の自動両替機では常に枚数は固定だったが、窓口では10ドルを●枚、などのように自由に指定可能)

ただ、券種についでのフォーマットはないみたいで、枚数を手書きで用紙に書いて、係員に伝えた。
(また、この日はたまたま在庫に100ドル紙幣がなかったため、他の紙幣で両替した。必要な方は事前に在庫確認を)

⑤両替する日本円を出してしばらく待つ。

⑥再度窓口に呼ばれて、両替が完了。

指定した券種の外貨と、両替代金のお釣りが手に入る。
(一応ピン札だった)

紙幣の枚数確認は自分でやるようにとのことだったので、その場で自分で数えて確認した。
(今回は数百ドルだったのですぐ数えられたが、金額が多いとまた違った扱いになるのかもしれない)

また、一応紙封筒を渡されるが、いつものゆうちょの緑色の袋なので日本円を入れたくなる。

ということで、窓口に呼ばれてから10分程度で両替完了。

両替時の手数料(売りと買いの為替レート差、スプレッド)は大手銀行とほぼ一緒(米ドル現物の場合、スプレッド5.8円)なので、郵便局の方が行きやすいという方ならこちらでの両替もいいかと思う。
(ただ、在庫がない場合もあるので事前に電話確認してから行った方が無難)

フルイチオンライン「らくらく買取便」で本を売ってみた

また読まない本が溜まってきたので、先日のネットオフに続き、今度はフルイチオンラインの宅配買取を使ってみた。

 ネットオフに本を売ってみた
 http://18kipper.blog.fc2.com/blog-entry-540.html

ここも送料無料で本を引き取ってくれる。
(今なら期間限定でAmazonギフト券ももらえるらしい。買取金額の条件がないらしいのが救い?)

 Amazonギフト券500円分もれなくプレゼント中!フルイチオンライン らくらく買取便
 http://www.furu1online.net/site/buy/index.html
 コロリポプラン 詳細はこちら


大体の手順は以下の通り。

1.フルイチオンラインWebサイトからの申し込み
住所氏名、買取する本・DVD・ゲームなどの箱数、集荷依頼日時、買取代金の振込先口座などを登録する。
(本を送るためのダンボール箱がない場合は、事前に届けてもらうことも可能)

2.本などのダンボールへの箱詰め
宅配便が集荷に来る前に、買い取ってもらう本などをダンボールに詰める。
(他に本人確認のため免許証などのコピーと、申込番号などを書いた紙を同梱する)

今回買い取りに出したのは、2000年~2010年あたりに出版されたマンガ本・小説など30冊ほど。
(ブックオフ店頭で買えば大体100円~350円前後の本。新しい本、高価な本はない)

ただ写真の通り、古本として買ったものが多いため元々の汚れや日焼けがある本が多い。
P1650002.jpg

3.宅配便にダンボールを渡す
指定した集荷依頼日時に引き取り業者(佐川急便)が来るので、ダンボールを渡す。
(引き取り時の送料はフルイチオンラインが負担)

4.査定結果がメールで来るので確認・承認
今回は依頼から2営業日後に本を引取ってもらい、その2日後に査定結果メールが来た。
furuichi-kaitori2.jpg

金額を確認し、OKならフルイチオンラインWebサイト上で承認処理を行い、指定した振込先口座にお金が振り込まれる。


今回の査定結果は、本の大半(30冊中半分以上)が日焼けや汚れ等で値が付かなかった。
(部分的な日焼けや小さな汚れもNGになるようで、ネットオフより判定が厳しい印象)

そして、買い取り価格は平均するとコミックが1冊10円、書籍(マンガ以外の小説など?)が1冊5円くらい。
(上の査定結果メール、またはWebサイト上で査定の詳細を見ることができ、値段の付いたもの、付かなかったものの内訳がわかる)

前回のネットオフと同様、一部の「高価買取タイトル」以外はかなり査定金額が厳しくなる模様。
(送料が向こう持ちということを考えると、人気商品以外にそうそう高い値段はつけられないのは当然なのかもしれないが)



ということで、元々捨てるつもりの本で、買取金額などいくらでもいいくらいの時に使うのがいいかと思う。
(買取金額に未練があるようじゃ、真の「断捨離」はできないということだろうか)

再び「ぐるなび お取り寄せグルメプレゼント」が届いた

先日紹介した「ぐるなび食市場」の「ぐるなび お取り寄せグルメプレゼント」が先月もやっていたので申し込んだが、その品が届いた。
P1630001.jpg

 前回届いたもの:「ぐるなび お取り寄せグルメプレゼント」が届いた
 http://18kipper.blog.fc2.com/blog-entry-559.html
 全国どこでも無料出張・無料査定可!


前回はおいしいケーキが届いたが、今回届いたのはこちらのお茶。
(メール便なので当たりではなさそうと想像はついたが…)
P1630002.jpg

他に届いた方の声をぐぐると「米10kg」「焼酎詰め合わせ」などというのもあり、正直ちょっとうらやましい。
(無料だし、そうそう当たりは引けないか。なお、「味付け海苔」「イカ干物」という方もいた)

メーカーは熊本県の「丸佳本店」、お茶の名は「なた豆茶」というらしい。

 【熊本県産】 なたまめ茶 ティーパックタイプ(メール便対応)通販
 http://shop.gnavi.co.jp/sucoyaca/event/s-07/

ぐるなびの他、楽天でも売っていて手広い有名店っぽい。
(体臭や口臭、鼻のムズムズなどにも効果があるとか)

飲んでみると香ばしい味で番茶っぽい感じにも似てる。
(細かい味については、専門家にまかせたいところ)

飲みきれない分は、「健康にいいお茶」とでも言って親への手土産にでもしようかと思う。
(体のいい在庫処分)
とはいえ、こういう親や知人経由のオススメなんかが意外とリピーターづくりに効果がありそう。

大和証券で個人向け国債を中途解約・コールセンターへ電話

先日、大和証券で買った個人向け国債を中途解約した時の話を。
(最近の低金利に少々嫌気が差したのが一因。
 個人向け国債・10年変動金利は税引前0.20%…って、あおぞら銀行のキャンペーン普通預金金利と一緒じゃないかと)

 1月の個人向け国債
 http://www.daiwa.jp/products/pdf/bond/1501_gmb.pdf
 あおぞら銀行・普通預金特別プログラム
 http://www.aozorabank.co.jp/netbranch/products/special10/index.html

個人向け国債の中途解約はコンタクトセンターへ電話する必要があるので、平日の9時過ぎに電話。
(先日、キャンペーンの定期預金を作った時と同様)

 大和ネクスト銀行のコールセンターで定期預金してみた
 http://18kipper.blog.fc2.com/blog-entry-305.html
 100GB無制限レンタルサーバー【X2】

自動アナウンスに従い、大和証券の支店番号・口座番号・暗証番号(Web上でログインするのに使ってる情報)を入力。
その後、「メインメニューです」とアナウンスが流れるので、「オペレータにつなぐ(確か「2#」)」などを番号で選ぶ。
(債券・個人向け国債というようなメニューはないので、慣れてないと戸惑うかも)

数分待ちでオペレータにつながった後、「個人向け国債の中途解約」と用件を伝える。

すると、第何回の個人向け国債か(発行回数)、そして解約金額を聞かれる。
(一部だけの解約も可能っぽい?)

このため、発行回数と金額は事前にログインして確認しておいた方がスムーズだろう。
(「残高・履歴」-「資産管理」-「保有証券一覧」で以下のように確認できる。
 いずれもキャンペーン目当てに100万円単位で購入したもの)


銘柄名の左端の数字が回数。(第44回、45回…となる)
なお、発行から1年経過しないと解約できないので注意。

すると、電話の向こうでオペレーターが直前2回分の利子の差し引きと経過利子の加算などを行った金額を計算するので、数分待つ。

最後に、金額や条件などを復唱して確認すれば解約完了。
(解約したお金が振り込まれるのは数営業日の後となるので、急な資金が必要な時は注意)

電話1本で意外と手続きがスムーズで簡単だったので、今後もキャンペーンの定期預金などでお金が必要な時はどんどん解約しようと思う。
(もちろん、2回分の利子が差し引かれてもプラスになる場合だけ)




ダニ・ハウスダストにお悩みなら
フリーエリア



にほんブログ村 株ブログ 株 オプション取引へ
にほんブログ村
カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
カテゴリ

wpXクラウド
株価チャート(簡易版)※ダウETF週足
by 株価チャート「ストチャ」
株価ボード(β)
フリーエリア

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
フリーエリア