FC2ブログ
急げ!新ドメインは早いもの勝ち!

「野武士、西へ」を読んでみた/JR東海道線からの相模湾の海景色

NEC_0045_20131207111702bd6.jpg NEC_0047_20131207111705396.jpg
JR東海道線の早川駅から根府川駅辺りでは、車内から間近に相模湾の海が一望できる。(左写真)
(新幹線よりいい車窓を楽しめる区間で、熱海や名古屋へ普通列車で向かう時に最も迫力がある)
海岸沿いの集落、遠くに見える熱海方面の海岸など、写真を撮りたくなる場面ばかりで目が離せない。

海沿いにホームがある根府川駅でふらっと降りて、次の電車が来るまでのんびり海を眺めるのもまた一興。(右写真)
(東京~熱海間は20分に1本位と、熱海の先よりは本数が多い)

=================================

先日の「久住昌之のこんどは山かい!?-関東編」と同じく久住昌之・著(「孤独のグルメ」の人)。

 「久住昌之のこんどは山かい!?-関東編」を読んでみた
 http://18kipper.blog.fc2.com/blog-entry-313.html

2009~2011年の2年間をかけ、東京から大阪まで散歩好きの著者が少しずつ歩き通した記録。
(途中まで歩いて時間切れになったらいったん帰京、次回は新幹線などで前回歩いた地点まで行き、また散歩を再開することを繰り返していて、ワープなし)
歩いてる最中に見た景色や人々や飲食のエピソードの他、箱根越えや生駒越え、迷子になるなどの苦労話も交え、独特の鋭い観察眼で語っている。
(入ったお食事処の店名や料理・風景のイラストが添えられているのも雰囲気が出ていてよい)

青春18きっぷ・鈍行列車で東海道本線をよく行き来する自分にとっては、藤沢、大磯、二宮、国府津…と著者の歩みが名古屋に近づく感じが、電車に乗っていて駅名が進む感じと似ていて親近感を覚えた。
(散歩の描写と自分が見た車窓がリンクして、また電車に乗りたくなる)

また例によって、「行きの電車で崎陽軒のシウマイ」、「ロマンスカーに乗れず歯車がズレた」など、孤独のグルメっぽいネタ、言い回しも入っていて、他の著書も読んでいるファンならより楽しめそうな一冊。

野武士、西へ 二年間の散歩

新品価格
¥1,575から
(2013/12/7 11:23時点)



※参考までに、東京から大阪までは普通列車だと9時間。
 (大垣を通り、米原から新快速のルート)
 本作品ではこれと違い、名古屋から南下して亀山から関西本線に入り、
 伊賀上野、奈良、生駒山などを経由して大阪に辿りついている。
osaka.jpg

コメントの投稿

非公開コメント



ダニ・ハウスダストにお悩みなら
フリーエリア



にほんブログ村 株ブログ 株 オプション取引へ
にほんブログ村
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ

wpXクラウド
株価チャート(簡易版)※ダウETF週足
by 株価チャート「ストチャ」
株価ボード(β)
フリーエリア

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
フリーエリア