FC2ブログ
急げ!新ドメインは早いもの勝ち!

汚れた釣り銭を押し付けられた/銀行での交換手数料

先日、近所の店(某安売りチェーン店)で買い物した時、釣り銭でもらった100円玉がひどく汚れていた。
P2840005.jpg P2840006.jpg

上の写真の通り、普通の錆などのレベルではなく、火で焼けたか何かで潰れたような、ひどい痛みようだった。
(そもそも、そんな金を客に渡す時点で、このお店の程度が知れているのかもしれないが…
 安売り店だと、店のモラルも安売りと言うことなのだろうか)

交換してもらおうとも思ったが、気づいたのが店を出た後だったので、その店での交換は諦めた。

自販機に入れて使おうと思ったが、やはりというか、お金を入れてもつり銭口にそのまま落ちてきて、何度やっても使えない状態だった。
(よく見ると、形も少し歪んでいるようだった)

結局、その足で別の某チェーン店に行き、他のお金と重ねて目立たないようにして、一緒に支払いに使ってなんとか厄介払いをした次第である。
(もし受け取りを拒否されたら、100円が丸損となるところだった)

調べると、こういう汚れたお金は、銀行で無料で交換できるらしい。
(「窓口両替」の手数料で「汚損した現金の交換、記念硬貨の交換については無料です」とある)

 みずほ銀行・その他手数料一覧
 https://www.mizuhobank.co.jp/fee/sonota.html

とはいえ、たかが100円玉1枚を交換するために窓口に並ぶのも面倒。
ということで、そういう汚れた金は、その場でレジ係に指摘して、交換してもらうのが一番楽だと思った。

単に「汚れているから交換して」と主観的な意見、好みの感覚で言うのではなく、
「これ、汚れがひどくて自販機で使えないかもしれないので、交換してもらえませんか?」と理由をつけて言えば、店側も拒否しづらいと思う。
(だが、そういう金を渡すような店(店員)が、適切な理由があってもまともに取り合うか…と考えると微妙かもしれない)

コメントの投稿

非公開コメント




ダニ・ハウスダストにお悩みなら
フリーエリア



にほんブログ村 株ブログ 株 オプション取引へ
にほんブログ村
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ

wpXクラウド
株価チャート(簡易版)※ダウETF週足
by 株価チャート「ストチャ」
株価ボード(β)
フリーエリア

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
フリーエリア