FC2ブログ
急げ!新ドメインは早いもの勝ち!

1/15 スイスフラン急変動時の1分足チャート

1/15の夕方、スイス国立銀行が対ユーロの上限を廃止したことによりスイスフランが急変動した時のチャート画像。
(自分への戒めも兼ねて。リーマンショック時に大火傷して以来、FXからは足を洗った)

廃止の数日前、上限を今後も維持するような話をしているのがまたえげつない感じである。

 1/15 スイスフラン、対ユーロで一時30%上昇 フラン上限廃止で
 http://jp.reuters.com/article/stocksNews/idJPL3N0UU3ZA20150115

 1/12 スイスフランの対ユーロ上限、今後も金融政策の基礎=中銀副総裁
 http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPKBN0KL2AW20150112

ニュースが出た正確な時間はわからないが、レートに最初の変化があったのは18:30。
(チャートの上に18:30の1分間の始値・高値などがある)


この1分間で、それまでの115円近辺から117円へ、2円ほど上昇。
そして次の2,3分では120円以下で横ばいに近い状態で推移し、いつもの変動幅を考えればここでショートしたいところだろう。

ところが、18:35と18:36の間で120円から140円へ大幅な窓をあけて急上昇。
ついにはその後の5分間で高値の160円近辺まで一気に上昇した。

これは外為どっとこむのチャートだが、他の一部のFX会社ではレート配信が止まっていたり、スプレッドが急拡大したりとまともに取引できなかったり、ロスカットの逆指値を入れていても損切りが遅れ、元本以上の損失になってしまったケースもあった模様。
(急変動中の約定レートを後から勝手に変更した例もあるらしい)

さらに、急変動を受けてスイスフランの証拠金を10倍近くに引き上げた会社や、破綻により勝手に持っているポジションを決済した会社もあるらしく、他人事ながらあらためてFXの怖さ(業者リスク)を思い知らされた。
(怖いのはスイスフランだけかもしれないが、他所の通貨でも可能性は低くても同様のことは起こりうると思われる。さすがに全財産を失ってから「確率的にありえないことだった」「事故だった」では言い訳にならない)

 対スイスフラン通貨ペアの新しい維持証拠金について _ FXCMジャパン証券
 https://www.fxcm.co.jp/index.php?CID=news&DID=detail&PID=k1pgmk000001d2u9

 【重要なお知らせ】アルパリUKより (破綻、ポジションの強制決済について)
 http://www.alpari.jp/jp/cnews/show/id/5293/
 無制限機能盛りだくさんのレンタルサーバー

昨夜の欧米の株価は総じて堅調で、既に影響は織り込んだのかもしれないが、スイスフラン建て取引やローンへの影響も懸念されているらしく、しばらくは警戒を続けたい。

コメントの投稿

非公開コメント



ダニ・ハウスダストにお悩みなら
フリーエリア



にほんブログ村 株ブログ 株 オプション取引へ
にほんブログ村
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ

wpXクラウド
株価チャート(簡易版)※ダウETF週足
by 株価チャート「ストチャ」
株価ボード(β)
フリーエリア

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
フリーエリア