FC2ブログ
急げ!新ドメインは早いもの勝ち!

過信は禁物?野村の日経平均インバースETF(1571/1357)の値動き(2015/12/04)

以下は12/4の日経平均と一部の日経平均インデックスETFの値動き。
20151204-nikkeietf.jpg
ドメイン無料の大塚商会


4つ並んだうちの一番左は、1321・日経225連動型上場投資信託(野村日経平均)。
日経平均と同じ値動きをするETFで、同じ位の下落率。(-2.10%)

その隣は1580・日経平均ベア上場投信(シンプレクス・アセット・マネジメント)。
「インバース・インデックス」とも言われる日経平均と逆の値動きをするETFで、同じ位の上昇率。(+2.36%)

※株価が下がる時に儲ける方法として信用口座を使った株の信用売り、先物口座を使った日経平均先物の売りなどがあるが、普通の現物株式の取引でも「インバース・インデックス」ETFを買えば日経平均の下げで儲けられる利点がある。

ところが、その右隣の2つも同じ「インバース・インデックス」なのだが、こちらはこの日ちゃんと下落していなかった模様。
(以下の2銘柄で、いずれも野村アセットマネジメントのETF。特に決算日などの特殊要因もなかったようで、何が起きたのかは不明)

1571・NEXT FUNDS 日経平均インバース・インデックス連動型上場投信(+1.11%)
1357・NEXT FUNDS 日経平均ダブルインバース・インデックス(+0.15%)

なお、日経平均と1357ETFの値動き比較(1357・1ヶ月チャート)は以下。
(赤が日経平均、青が1357)
1357-225.jpg
チカッパプラン 詳細はこちら


この日以外は概ね日経平均と同じ変動率なので、なおさら不思議な感じである。
(それでも「ダブル」インバースだから本来なら日経平均の「2倍」逆に動くはず。
 明日以降に補正するような動きがあるのかもしれないが)

ちなみに同じ野村の1570(日経平均レバレッジ・インデックス(2倍))も-3.78%と、これも少しズレていた。
(本来なら日経平均の倍の下落(-4.2%くらい)がないとおかしいのだが)


というわけで、この手の逆の値動きや2倍の値動きを期待するETFはそれなりに頼りになるものの、こういう例外も起こり得ることに気をつけておいた方がいいのだろう。
(あるいはこんな感じでETFのコストがドサクサ紛れに反映されてるのかもしれないが)

コメントの投稿

非公開コメント



ダニ・ハウスダストにお悩みなら
フリーエリア



にほんブログ村 株ブログ 株 オプション取引へ
にほんブログ村
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ

wpXクラウド
株価チャート(簡易版)※ダウETF週足
by 株価チャート「ストチャ」
株価ボード(β)
フリーエリア

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
フリーエリア