FC2ブログ
急げ!新ドメインは早いもの勝ち!

定期健診の直後に銀歯が抜けた話/新型肺炎で今は歯医者に行きたくない話

新型肺炎流行の前、だいぶ前の話だが、先日、近所の歯医者に定期健診に行ってきた。
(以前虫歯を全て治した時から1年半ほど経過。普通は半年とか1年ごとに行くものらしい)

その歯医者では歯石・歯垢のクリーニングついでに歯をチェックしてもらう感じでチェックを行う。

診断結果は、

「1箇所、銀歯のそばの歯茎が腫れている部分に不安があるが、それ以外は虫歯の兆候はなし」

との診断。
(その場で「食事中に歯の間に物が詰まって銀歯が抜けかかってるようにも感じる」と医者に伝えたが、歯茎の腫れのせいでそう感じるだけとのこと。なお、銀歯は部分歯でなく土台を埋め込んで1本の歯を丸ごと覆う形のやつ)

念のため数ヵ月後に再診断するということで、その日は終了。
(保険診療のみで2000円ほど)


ところがそれから2週間も経たないうちに、その問題の銀歯が抜けてしまった。
(健診後も歯の間に物が詰まる現象は続き、そのまま食べ続けてたらポロっと外れた。ブログタイトルのように、2週間を「健診の直後」と言っていいかはともかく…)

銀歯は外れかかっていたのでいずれ治療する運命にはあったのだろうが、治療のため再度予約を取り直す分二度手間になってしまったことに少々後悔。

定期検診の調べ方ってどの程度アテになるのかと多少不信感もあったが、銀歯が外れるかどうかの判断は難しいのかもしれない。
(あるいは、検診時に銀歯や詰め物が外れるか厳しくチェックして、もし外れてしまったらそれはそれで問題なのかもしれないが…)


今思えば、クリーニングついでの歯のチェック程度でなく、レントゲン撮影もしてもらって、歯の内部で虫歯が進行してないかをしっかり見てもらうべきだったのかもしれない。
(この辺は検診でどこまでやるかは歯医者によってまちまちなのかもしれないが…。
 風邪気味の時に一時的に歯茎が腫れたり痛んだりしたこともあったので、その点までしっかり伝えてこちらから積極的な検診をお願いすべきだった?)

考えてみると歯医者というのは昔から苦手で、行くのは歯が痛んだり子供の頃の治療箇所が壊れた時で、定期健診をお願いすることはほとんどなかった気がする。
病院や医者通いに不慣れでいまさらこういう苦労をするのも自己の不摂生のせいと思うしかないものか…。
(フルタイムで働いてた頃は多忙で仕事優先、検診する暇もなかったが、今はその反動で人間ドックにも通ったり。
 健康を取り返せるかはわからないが、それなりに長期間元気でいられるようできるかぎりのことはしたい)

 初めての(自費)人間ドック体験記、気づいた点や注意点など
 http://18kipper.blog.fc2.com/blog-entry-623.html

新型肺炎の流行以降は、虫歯にならないよう小型ブラシや歯間ブラシ、口腔洗浄液などを頻繁に使い念入りにハミガキをするようになった。
歯医者は口を開け続けないといけない肺炎感染リスクの高いイメージのあるスポットなだけに、今はまだ行くのは回避したい。

ジェルコートF 90g コンクールF 100ml リペリオ 80g 歯周病予防セット 医薬部外品 [ヘルスケア&ケア用品]

新品価格
¥3,000から
(2020/5/10 10:22時点)




# さすがに前の健診からまた1年近く経つので、自粛が解除されたら健診の予約をしようかと思うところ。
# 既に東京以外の県ではいち早く自粛解除をしていたり、それを見て外出再開、暑いからマスクも解除みたいな人も街中に出ているようだが、そんな今が一番危ない時期だと思う。
# (そういう人はある意味先遣隊のようなもので、2週間後の月末頃に彼らが大規模感染を起こさなければ本当に大丈夫ということだろう。感染してしまったなら尊い犠牲だったということで、また引きこもるだけ…)
# 「夜明け前が一番暗い」は相場に限った話ではない、とでもいうか。


コメントの投稿

非公開コメント



ダニ・ハウスダストにお悩みなら
フリーエリア



にほんブログ村 株ブログ 株 オプション取引へ
にほんブログ村
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ

wpXクラウド
株価チャート(簡易版)※ダウETF週足
by 株価チャート「ストチャ」
株価ボード(β)
フリーエリア

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
フリーエリア